登録作業が終わっていない社員に、管理者から催促メールを出す

 

登録メールを飛ばしたが、社員が登録作業をしてくれていない……

RECEPTIONISTは、受付画面で各社員を検索できるようにカタカナ・アルファベットの登録を、また、各チャットツールに個別通知が飛ぶように各チャットツールのIDの登録をお願いしております。
 

そのため、初期設定では、受付画面で検索できるようにしたい社員全員分の情報を登録する必要があります。
 

しかし、管理者が各社員の情報(特に社員全員のチャットツールID)を全て把握していない場合もあります。
 

このような状況を踏まえ、RECEPTIONISTでは、各社員それぞれに設定いただく方法を準備しておりますが、その場合、以下のようなことが起こる可能性がございます。
 

「管理者で一括登録したいけど、情報がないから社員に任せるしかない……」
「しかし社員が忙しく、メールを見逃しているか、登録作業が終わっていない……」

 

 

 

そこでRECEPTIONISTでは、登録が未完了の社員にのみ、再度、登録を促す催促メールを送る機能がございます。

 

本機能をご利用いただくことで、見逃していた社員にのみ、メールによる登録催促ができます。

 

 

 

催促メールを送るには

この機能は、WEBアプリ設定画面からの操作となります。
 

まず、RECEPTIONIST・WEBアプリ設定画面を開き、管理者アカウントでログインします。
 

【 RECEPTIONISTにログイン 】

 

 

 

左側メニュー「社員情報」を開き、画面中央にある以下のろうとマークをクリックします。
未登録の社員を発見するためにろうとマークで絞り込み

 

 

 

絞り込み画面中央にある「iPadの社員検索で表示されない状態の社員」にチェックを入れて、「絞り込む」をクリックします。
チェックを入れて絞り込み検索を実行します
 

 

 

まだ登録作業が済んでいない社員が表示されますので、彼らに催促メールを送りましょう。
 

画面中央上部にある、以下のメールマークや、「iPadの社員検索で表示されない状態の社員に登録催促メールを送る」をクリックします。
click_for_sending_mail
 

 

 

以下のような確認画面が表示されますので、「催促メールを送る」をクリックします。
confirm_before_sending_mail

 

 

 

以上です!
これで、登録が完了していない社員に一斉に催促メールが送信されました。
 

 

お疲れ様でした!