利用条件と、ご準備いただくもの

利用条件

 

全社的に利用しているチャットツールがあること、が望ましいです。
もし利用していない場合は、まずはチャットツールを全社で利用する決定をしましょう。

 

slackロゴmini
エンジニアが多い企業の場合は、すでにSlackを利用している社員が多いと思います。
関連記事:
Slack公式サイト(2017年11月に日本語対応開始)
Slack(スラック)とは?ビジネス利用で選ばれる理由

 

ChatWorkロゴmini
逆に、営業や企画等のメンバーが多い企業の場合は、タスク管理のできるチャットワークがいいかもしれません。
関連記事:
チャットワーク公式サイト(日本語対応)
チャットワークとは?他のビジネスチャットとの違い

 

oneteamロゴmini
もし、チャットツールとしてよりも、ビジネスの課題解決に特化したツールをご要望の場合、Oneteamがズバ抜けています。
関連記事:
Oneteam公式サイト(日本語対応)
Oneteam(ワンチーム)とは?日本発の新たなビジネスチャットのカタチ

 

workplaceロゴmini
また、大企業では最近、Facebook発のビジネス向けSNSツール、Workplaceが流行り始めていますね。
関連記事:
Workplace(日本語対応)
Workplace(ワークプレイス)とは?facebookとの違い

 

LINEWORKSロゴmini
LINEをビジネスに特化させたチャットツールです。使い慣れているコミュニケーションツールをそのままご利用できるのが良いですね。
関連記事:
LINE WORKS公式サイト(日本語対応)
LINE WORKS(ラインワークス)とは?今話題のビジネスチャット!

 

microsoftteamsロゴmini
信頼のMicrosoft社製のビジネスチャットです。Office製品を良く使われている企業との相性が良いですね。
関連記事:
Microsoft Teams公式サイト(日本語対応)

 

dingtalkロゴmini
中国企業で人気があり、無料で多様な機能が使え、特にHD品質の多人数ビデオ会議の機能も搭載されています。
関連記事:
DingTalk公式サイト

 

hangouts-chat-logo
Google各種サービスをビジネスでご利用されているならば「G Suiteユーザー」で、今すぐにでも使い始められる、強力なチャットツールですね。
関連記事:
Google Hangouts Chat公式サイト

 

 

※チャットツールを利用しない場合、SMS通知やメール通知で利用が可能ですし、また、Slackとチャットワーク等、各チャットツールの併用も可能です。

準備するもの

こちらの記事を参考に準備を進めてください。