RECEPTIONIST側でSlack表示名(Display name)を設定後、Slack側で表示名(Display name)を変更してしまった場合

「RECEPTIONIST」側の表示名(Display name)を設定後に、「Slack」側で表示名(Display name)を変更した場合

「RECEPTIONIST」側のSlack表示名(Display name)として設定する、「Slack」側の表示名(Display name)ですが、Slack側では社員の方でも変更可能な項目となっています。

そのため、「RECEPTIONIST」側で設定後、社員の方がSlack側で表示名を変更してしまい、「RECEPTIONIST」側と「Slack」側で表示名が異なってしまう場合もございます。

しかしそんな状況でもRECEPTIONISTからの通知は問題なくメンションされますのでご安心ください。ただし1点だけ注意点(社員情報の編集)がございますので、下記をご確認ください。

Tips Slack のIDとは何ですか?

 

 

「RECEPTIONIST」側と「Slack」側で表示名(Display name)が一致

slackid-change1

「RECEPTIONIST側」

slackid-change2

「Slack側」

 

この状態が正しいのですが、その後「Slack」側の表示名(Display name)を変更してしまい・・・

 

 

「RECEPTIONIST」側と「Slack」側で表示名(Display name)が不一致

slackid-change1

「RECEPTIONIST側」

slackid-change3

「Slack側」

このような状態になってしまった場合です。

 

 

Slack側の「表示名(Display name)」を変更してもメンションされます

 

「RECEPTIONIST」側でSlack表示名(Display name)を登録後、Slack側で表示名を変更しても、設定を見直すことなくそのままの状態で、メンション通知が可能となっております。(システム上はSlackのUserIDも保持しているため問題ありません)

そのため「RECEPTIONIST」側のSlack表示名(Display name)を変更し忘れてしまいメンション通知が届かなくなり、お客様をお待たせしてしまった! という状況にはなりませんので、ご安心くださいませ。

 

 

社員編集(アカウント情報)を修正する際の注意点

 

社員情報(アカウント情報)を編集する際には、入力されているSlack表示名(Display name)がSlack上に存在しているかのエラーチェックが行われます。

そのため、「RECEPTIONIST」側と「Slack」側の表示名(Display name)が不一致の状態のままですと、エラーとなってしまい社員情報自体が更新できませんので、このタイミングで「Slack」側のSlack表示名(Display name)をご確認いただき、「RECEPTIONIST」側に反映してください。