LINE WORKSでトークルームに通知を送る方法

トークルームに通知を送りたい

LINE WORKSで、トークルームに来客通知を送る場合には、以下の設定により、新規・既存のトークルームに来客通知を送ることができます。

 

 

通知先のトークルーム

新規のトークルームに来客通知を送る

LINE WORKS上で、新たにトークルームを作成して来客通知を送ることも可能です。

 

既存のトークルームに来客通知を送る

LINE WORKS上にすでにあるトークルームに来客通知を送ることも可能です。
既存のトークルーム

 

 

設定方法

Check こちらの設定に進む前に、必ず チャット設定【LINE WORKS】の2-5(10)までの設定が正常に完了していることを確認してください。指定したユーザー宛にテスト通知が届かない状態ですと、正常にトークルームが設定できませんので、ご注意ください。

 

【1】Botをトークルームに招待可能にする
【2】Botを招待リストに公開する
【3】トークルームにBotを招待する
【4】トークルームのルームIDを確認する
【5】RECEPTIONIST管理画面の設定

 

 

【1】Botをトークルームに招待可能にする

LINE WORKS管理者にて、以下のDeveloper Consoleを開きます。

以下のボタンからアクセスできます。

 
Developer Console

※開かない場合は下記のURLにアクセスしてください
https://developers.worksmobile.com/jp/console/openapi/main

 

 

左側のConsoleメニューからBotを選択して、表示されたBotの一覧から「RECEPTIONIST」をクリックします。
「RECEPTIONIST」Botを選択

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

Botの詳細画面より、「修正」ボタンをクリックします。
「修正」を選択

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

下部にあるBotポリシー項目の「複数人のトークルームに招待可」にチェックを付けて、「保存」ボタンをクリックします。

 

Tips 既にチェックが付いている場合には、そのままで大丈夫です。

「複数人のトークルームに招待可」にチェックして保存

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

LINE WORKSのサービス通知より、権限変更された旨のメッセージが通知される場合があります。
サービス通知からのメッセージ

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Developer Consoleの操作は以上です。

 

 

【2】Botを招待リストに公開する

LINE WORKS管理者にて、LINE WORKSを開きます。

 

上部右側にあります自身の名前にカーソルを合わせ、その中の「管理者画面」を選択します。
「管理者画面」を選択

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

上部メニューのアイコンより「サービス」をクリックし、左側メニューより「Bot」を選択します。
「Bot」を選択

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

「RECEPTIONIST」のBotをクリックします。
「RECEPTIONIST」Botを選択

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

Botの詳細画面が表示されますので、下部にある公開設定項目の「公開」にチェックを付けて、「保存」ボタンをクリックします。
「公開」にチェックして保存

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

LINE WORKSのサービス通知より、Botリストに追加された旨のメッセージが通知される場合があります。
サービス通知からのメッセージ

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

これで、「RECEPTIONIST」のBotをトークルームに招待する準備が整いました!
早速、Botをトークルームに招待しましょう。

 

 

【3】トークルームにBotを招待する

Check PCアプリ版LINE WORKSでは正常に操作できない場合がありますので、ブラウザ版LINE WORKSから行ってください。

 

LINE WORKSのトーク画面で、該当トークルームを選択します。右上に表示された「・・・」をクリックして『招待』を選択します。
トークルームにBot追加1

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

「Bot」タブを選択すると、Bot一覧が表示されます。
先ほど設定を変更していただいた「RECEPTIONIST」のBotが表示されているはずですので、そのBotの左側にあるチェックボックスにチェックをつけて、『招待』ボタンを押下して追加します。
トークルームにBot追加2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

トークルームに、「RECEPTIONIST」のBotが追加されたことを確認します。
トークルームにBot追加3

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

トークルームにBotを招待する作業は、以上です。
最後に、RECEPTIONIST管理画面の設定を行います。

 

 

【4】トークルームのルームIDを確認する

ブラウザ版LINE WORKSを、Chromeブラウザで開きます。
Check Chrome以外のブラウザでは操作方法が異なりますので、必ずChromeで操作してください。

 

 

ブラウザ版LINE WORKSを開いて、来客通知を送りたいトークルーム以外を選択している状態にしてから、以下を操作してください。

 

 

Chromeブラウザの右上にある「・・・」より、「その他のツール」の中にある「デベロッパーツール」を選択します。
デベロッパーツール起動

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

「デベロッパーツール」がブラウザ内に表示されますので、上部の「Network」タブを選択します。

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

LINE WORKS上で、来客通知を送りたいトークルームを選択します。

 


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

既に来客通知を送りたいトークルームを選択中の場合
「Network」タブには、操作するたびにログが表示されていきます。
取得したいルームIDが分からなくなりますので、以下の操作を行ってから再度ログをご確認ください。

 

1、他のトークルームを選択
2、デベロッパーツール内にある「Clear」ボタンを押して、ログをクリア
3、来客通知を送りたいトークルームを選択

 

 

 
来客通知を送りたいトークルームを選択すると、デベロッパーツールのNetworkタブ配下に、ログが表示されます。
その中に表示されている、『getChannellnfo』を選択してください。

 

 

 

表示された詳細情報の最下部にある「channelNo」がルームIDになりますので、その値をメモしておいてください。

 


Tips 画像例(『channelNo』の値:70525098

 

 

デベロッパーツールの操作は以上です。
デベロッパーツール内の右上×ボタンを押して、デベロッパーツールを閉じてください。

 

 

【5】RECEPTIONIST管理画面の設定

RECEPTIONIST管理画面・チャット設定画面を開き、LINE WORKS行右端の『・・・』をクリックします。
LINE WORKSのチャット設定画面を開く

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 
LINE WORKSのチャット設定画面で、入手したトークルームのルームIDを設定します。
Checkトークルームの基本通知先(宛先が指定されなかったメッセージのトークルーム通知先)となります。宛先担当者のLINE WORKSルームIDが指定されていない場合などもこちらに通知が来ますので、ご注意ください。

 

先ほど、トークルームのルームIDを確認する作業で確認したルームIDを、チャット設定画面のルームIDに貼り付けます。

 

入力後に「設定を保存」をクリックします。

 

LINE WORKSのルームID設定

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

通知テストをしてみましょう。
「テスト通知」をクリック

 

このような通知が表示され、
appsetting_workplace_new5

 

上記チャット設定画面で指定したユーザーと、トークルーム宛に、RECEPTIONISTのBotから「テスト通知」が届けば、設定は正常に完了です。

 

▼ユーザー宛のテスト通知
ユーザー宛のテスト通知

 

▼トークルーム宛のテスト通知
トークルーム宛のテスト通知

 

Tips トークルームが指定されている場合は、指定されているユーザーとトークルームへそれぞれ通知が届きます。(実際の来客通知でも同様です。)

 

 

お疲れ様でした! これで設定は全て完了です。

 

 

念のためiPadからもテスト受付を行い、
トークルームに通知が届きましたら、無事に設定完了です。