【PC】ブラウザの通知機能を後から有効にする方法

初期設定の際、通知機能をブロックしてしまった……という方へ

RECEPTIONISTからの来客通知を各チャットツールで受け取る場合、即時性のある通知機能の利用は必須です。
 

ですが、チャットツールへの登録が初めての場合、不安で設定は極力無効にしてしまうケースがよくありますよね。
 

今回は、現在ブラウザでチャットツールを利用しているけれど、ブラウザからの来客通知が来ていない方向けに、ブラウザの通知機能を有効にする方法をご案内します。
 

 
未設定の場合【Slackのみ】
通知が届かず詳細がわからない場合 ( Chrome ・ FireFox ・ Safari ・ Edge )

Internet Explorerにはブラウザでの通知機能がございません。
通知機能をご希望の場合、上記ブラウザのいずれかのご利用をお願いいたします。

 

 

未設定の場合【Slackのみ】

 
Tipsどのブラウザでも操作内容は同じであることから、ここではChromeのみでご案内します。
 
通知機能が未設定の場合、ブラウザで開いた際、一番上に青い帯が出てきています。
 

このリンク:「enable desktop notifications」をクリックして、
プッシュ通知を有効にするためにこの青い帯のリンク文字をクリック

( 画像をクリックすると拡大表示します )

「許可」を選択します。
許可を押して下さい

( 画像をクリックすると拡大表示します )

お疲れ様でした!
これで、Chromeの通知設定が有効になりました。
 

今後は、Slackをブラウザで開いておくと、メンションの度に通知がPC画面の端から表示されるようになります。
 

 

Tips ブラウザの通知を有効にした後、それでも通知が来ない場合はSlack等チャットツール側の通知設定を確認しましょう。
 

Slackをご利用の場合 こちらの注意書きもご確認くださいませ。

 

 

 

通知が届かず詳細がわからない場合

それぞれのブラウザで設定を有効にしていきましょう。
 
( Chrome ・ FireFox ・ Safari ・ Edge )
 

Chrome利用

通知機能を有効にしたいチャットツールの画面を開き、左側上部にある「保護された通信」をクリックし、「通知」項目で「ブロック」となっているところをクリックします。
set_notification_chrome2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

表示された選択肢の中から、「このサイトでは常に許可」を選択します。
Chrome通知を有効にする

( 画像をクリックすると拡大表示します )

Tips場合によって、この後に画面の再読込を通知されたら、再読込を行って下さい。
set_notification_chrome4
 

お疲れ様でした!
これで、Chromeの通知設定が有効になりました。
 

今後は、該当のチャットツールページをブラウザで開いておくと、メンションの度に通知がPC画面の端から表示されるようになります。
 

 

Tips ブラウザの通知を有効にした後、それでも通知が来ない場合はSlack等チャットツール側の通知設定を確認しましょう。
 

Slackをご利用の場合 こちらの注意書きもご確認くださいませ。
 

 

FireFox利用

まず、ご利用のチャットツールページを開きます。
 

そして、ブラウザ左側上部の鍵マークをクリックし、通知の受信が「一時的にブロック」「ブロック」になっていることを確認して下さい。
 

Tipsもし、通知の受信が「許可」になっている場合、ブラウザの通知は有効であるため、チャットツールの通知設定を確認して下さい。

set_notification_ff1
 

set_notification_ff2

 

 

早速通知を許可していきましょう。
 

開いているポップアップ画面の右上の「>」マークをクリックし、

set_notification_ff3
 

 

「詳細を表示」を選択します。
set_notification_ff4
 

 

次に開いた画面の「サイト別設定」を選択の上、ページを一番下に進めると、「通知の受信」が「ブロック」もしくは「毎回確認」になっています。
set_notification_ff5

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

「許可」を選択したら、右上からポップアップ画面を閉じて下さい。
set_notification_ff6

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

お疲れ様でした!
これで、FireFoxの通知設定が有効になりました。
 

今後は、該当のチャットツールページをブラウザで開いておくと、メンションの度に通知がPC画面の端から表示されるようになります。
 

 

Tips ブラウザの通知を有効にした後、それでも通知が来ない場合はSlack等チャットツール側の通知設定を確認しましょう。
 

Slackをご利用の場合 こちらの注意書きもご確認くださいませ。
 

 

Safari利用

ブラウザを開き、左上のメニューバーから「Safari」>「環境設定」を開きます。
Safariの環境設定画面を開きます
上部メニューから「Webサイト」>左側メニュー「通知」をクリックし、該当のSlackからの通知が「拒否」になっているのを、「許可」に変更してください。
通知項目を「許可」に変更しましょう
 

お疲れ様でした!
これで、Edgeの通知設定が有効になりました。
 

今後は、該当のチャットツールページをブラウザで開いておくと、メンションの度に通知がPC画面の端から表示されるようになります。
 

 

Tips ブラウザの通知を有効にした後、それでも通知が来ない場合はSlack等チャットツール側の通知設定を確認しましょう。
 

Slackをご利用の場合 こちらの注意書きもご確認くださいませ。
 

 

Edge利用

ブラウザを開き、右上の「…」から「設定」を開きます。
set_notification_edge2
下にスクロールしていき、「詳細設定を表示」を選択します。
set_notification_edge3
通知項目の「管理」を選択します。
set_notification_edge4
表示されたリストの中に、『(ワークスペース名).slack.com』があります。
すぐ下の『オフ』をクリックして下さい。
set_notification_edge5
こちらがオンになっていることを確認して下さい。
set_notification_edge6
 

お疲れ様でした!
これで、Edgeの通知設定が有効になりました。
 

今後は、該当のチャットツールページをブラウザで開いておくと、メンションの度に通知がPC画面の端から表示されるようになります。
 

 

Tips ブラウザの通知を有効にした後、それでも通知が来ない場合はSlack等チャットツール側の通知設定を確認しましょう。
 

Slackをご利用の場合 こちらの注意書きもご確認くださいませ。
 

 

Slackでご利用の場合の注意点

Slackの場合、複数のワークスペースに同時ログインできます。
ただ、通知機能はタブで開いているページにのみ有効であるため、複数ワークスペースからの通知を受け取りたい場合、全てのワークスペースをブラウザのタブで開いてください。
 

(もしくは、全てのワークスペースの通知を同時に受け取ることができるアプリをご利用下さいませ。)
 

▼参考情報:各チャットツールの推奨ブラウザ情報
Slack
チャットワーク
Oneteam
Workplace※確認中