SAML認証:Azure ADの事前設定

    この機能は、プレミアムプランでご利用いただけます。

     

    RECEPTIONISTでAzure AD環境のSAML認証をご利用いただくための各種注意事項や事前準備・設定についてご案内します。
    以下それぞれ、ご確認ください。

     

    もくじ

    1.注意事項
    2.事前準備
    AzureADが同じテナントでRECEPTIONIST企業アカウントが別の場合
    3.対応手順
    4.情報ご提出用テンプレート
    5.SAML認証でログイン(ログインエラーになるとき)

     

     

    1.注意事項(必ずお読みください)

    1.ログイン方法について
    SAML認証設定を行うと、メールアドレス・パスワードを利用したログインは行えなくなります。iPadアプリログイン用の管理者アカウントのみ、メールアドレス・パスワードでのログインになります。

     

    2.SAML認証設定後の社員登録について
    RECEPTIONISTに社員を追加(アカウント追加登録)できるのは管理者のみですが、SAML認証設定を行った場合は以下のようになります。
    管理者が登録していないアカウントでも、連携したIdP環境にアカウントを持っている社員の場合はSAML認証でRECEPTIONISTにログインが行えます。このとき、自動的にRECEPTIONIST上にアカウントが追加されます。
    (管理者の社員登録不要で、社員自らアカウントを追加することが可能です。)

     

    3.SAML認証の仕様に関する注意点
    1)Azure(Office365)側にログイン済みの状態で、SAML認証でRECEPTIONISTにログインすると、Azure(Office365)にログイン済みのユーザーで自動的にRECEPTIONISTにログインされます。
    2)Azure(Office365)側にログインしていない状態で、SAML認証でRECEPTIONISTにログインすると、自動的にAzure(Office365)側もログインされます。
    3)SAML認証でRECEPTIONISTログインし、RECEPTIONISTログアウトすると、自動的にAzure(Office365)側もログアウトされます。
    4)SAML認証でRECEPTIONISTログインし、RECEPTIONISTログアウトすると、Office365のサインアウト画面で完結となります
    5)SAML認証でRECEPTIONISTログインすると、アカウント情報画面にパスワード欄は表示されません。
    6)RECEPTIONISTの管理画面で「名前」「First Name」「Last Name」を変更しても、SAML認証で再ログインすると、それらの項目はAzure(Office365)側の情報で上書きされます。
    ※詳細は以下『5.Azure ADからRECEPTIONISTに連携する項目』をご覧ください。
    7)通常フローの、RECEPTIONIST側で社員追加>同じメールアドレスでAzure(Office365)側にアカウント作成>そのアカウントでSAML認証が行えます。
     ただし、一度でもSAML認証でログインすると、通常フローでRECEPTIONISTにログインできなくなり、SAML認証のみログイン可能となります。
    8)SAML認証しているアカウントがメールアドレスを変更する場合は、RECEPTIONIST側とAzure(Office365)側のメールアドレスをそれぞれ変更する必要があります。
    9)会社ドメインはローカルストレージ上に保存され、次回以降初期値に反映されます。

     

    4.Azure ADからRECEPTIONISTに連携する項目

    RECEPTIONISTの項目 Azure ADの項目
    メールアドレス メールアドレス
    名前 名前
    First Name
    ※半角英数字のみで入力されている場合に連携されます。
    ※半角英数字以外が含まれている場合には、連携されません。
     その場合には、RECEPTIONIST側で登録した値をそのまま保持します。
    Last Name
    ※半角英数字のみで入力されている場合に連携されます。
    ※半角英数字以外が含まれている場合には、連携されません。
     その場合には、RECEPTIONIST側で登録した値をそのまま保持します。

     

     

    5.必要なAzureADのライセンス
    AzureADの無料ライセンスでも、SAML認証をご利用いただけます。

     

     

    2.事前準備

    RECEPTIONIST主管理者でiPadアプリにログインしてください。
    ※主管理者は、担当者の退職等に備えて個人のメールアドレスではなく、共有メールアドレスでの登録を推奨します。
    ※SAML認証の設定を行うと、主管理者以外のアカウントはiPadアプリにログインできなくなります。
    主管理者はSAML認証でのログインができないため、メールアドレス・パスワードでログインしてください。

     
     

    AzureADが同じテナントでRECEPTIONIST企業アカウントが別の場合

    この後の「3.対応手順」RECEPTIONIST企業アカウント分エンタープライズアプリケーションを追加し、それぞれの「4.情報ご提出用テンプレート」をご提出ください。
     
    また、どちらのアプリケーションがどのRECEPTIONIST企業アカウントか判別するために、この後の「3.対応手順」の「基本的な SAML 構成」でドメイン(例:receptionist.co.jp)を設定する箇所は、それぞれ別のドメインで設定をお願いします。使用しているドメインが同じ場合は、例)のようにドメインにそれぞれ任意のアルファベットを追加したもの(例:marketing.receptionist.co.jp、tech.receptionist.co.jp)で設定をお願いします。

     

    例)
    ■A社
    ①識別子 (エンティティ ID):marketing.receptionist.co.jp
    ②応答 URL:https://api.receptionist.jp/api/auth/azure/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState=marketing.receptionist.co.jp

    ④リレー状態:marketing.receptionist.co.jp
    ■B社
    ①識別子 (エンティティ ID):tech.receptionist.co.jp
    ②応答 URL:https://api.receptionist.jp/api/auth/azure/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState=tech.receptionist.co.jp

    ④リレー状態:tech.receptionist.co.jp

     

    Check利用できる任意のアルファベットは以下になります。
    ・半角英数字(a~z、0~9)
    ・半角のハイフン「-」
    ・半角のドット「.」

    ※一般的にドメインとして利用できる文字のみになります(アンダーバーなどは利用できません)

     
     

    3.対応手順

    1.Azure管理画面からEnterprise applicationsを開き、「新しいアプリケーション」をクリックします。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

    2.アプリケーションの追加画面から、「ギャラリー以外のアプリケーション」をクリックします。

     

    3.独自のアプリケーション追加画面が表示されますので、任意の名前を入力します。
    希望がなければ「RECEPTIONIST」とご入力ください。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

     

    アプリのSAML認証有効化
    4.左メニューの「シングルサインオン」をクリックし、「SAML」をクリックします。


    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

     

    5.SAMLによるシングルサインオンのセットアップ画面の「①基本的な SAML 構成」の編集をクリックします。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

    6.以下を入力し、保存します。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

    項目名 入力内容
    ①識別子 (エンティティ ID): メールアドレスのドメインを入力してください
    ※こちらの入力内容は弊社に共有いただくためメモ等に保存をお願いいたします。
     
    Check識別子をURLでしか設定できない場合は、以下をご設定ください。
    https://api.receptionist.jp/api/sso/{貴社ドメイン}
    (例)https://api.receptionist.jp/api/sso/receptionist.co.jp

    ②応答 URL (Assertion Consumer Service URL): 以下URLを入力してください
    https://api.receptionist.jp/api/auth/azure/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee
     

    CheckAzureADのアプリポータルをご利用の場合は、以下URLを入力してください。
    https://api.receptionist.jp/api/auth/azure/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState={貴社メールアドレスのドメイン※@なし}
    (例)https://api.receptionist.jp/api/auth/azure/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState=receptionist.co.jp

    ③サインオン URL: 未入力でOKです
    ④リレー状態: ①識別子 (エンティティ ID)と同じ値を入力してください
    ⑤ログアウト URL: 以下URLを入力してください
    https://api.receptionist.jp/api/integrations/saml/slo

     
     

     

    7.「②属性とクレーム」の編集をクリックします。


     

     

    8.クレーム名「http://schemas.xmlsoap.org/ws/2005/05/identity/claims/emailaddress」の値を「user.mail」で設定します。
     

     
     
     

    9.続いて、弊社へご提出いただく情報のコピー・ダウンロードをお願いいたします。

     

     

    ③SAML 署名証明書

     

    ①「拇印」のコピーをお願いします。
    ②「証明書 (Base64)」のダウンロードをお願いいたします。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

     

    ④追加したアプリ(設定したアプリ名)のセットアップ

     

    ①「ログインURL」
    ②「ログアウトURL」
    のコピーをお願いいたします。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

     

    アプリにユーザーの割り当て
    10.左メニューの「ユーザーとグループ」をクリックし、「+ユーザーまたはグループの追加」をクリックし、ユーザーの割り当てを行ってください。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

    Checkアプリの「プロパティ」で「ユーザーの割り当てが必要ですか?」を「いいえ」にした場合は、上記『ユーザーの割り当て』は不要です。

    ( 画像をクリックすると拡大表示します )

    ※参考:AzureADをIDプロバイダーとして使用しているアプリにユーザーを割り当てる(Microsoftサイト)
     
     
    設定は以上となります。
    以下「情報ご提出用テンプレート」をご記入の上、弊社までお送りください。
     

     

    4.情報ご提出用テンプレート

    以下テンプレートをご記入の上、弊社までお送りください。弊社で設定完了後に、ご連絡させていただきます。
     
    Check「AzureADが同じテナントでRECEPTIONIST企業アカウントが別の場合」で設定されている場合は、その旨もご連絡ください。
    Check以下の場合は、弊社設定に1週間程度お時間をいただきますので予めご了承ください。
    ・「SAML認証でのログインで使用するドメイン」が複数
    ・AzureADが同じテナントでRECEPTIONIST企業アカウントが別

     

    項目名 ご提出内容
    【1】Idpプロバイダー Azure AD
    【2】設定希望日
    【3】iPadログイン用管理者アカウントのメールアドレス:
    こちらでご準備いただいたメールアドレスです。
    【4】①基本的な SAML 構成ー①識別子 (エンティティ ID):
    【5】③SAML 署名証明書ー①拇印:
    【6】③SAML 署名証明書ー②証明書 (Base64): パスワードをかけたデータでお送りください
    【7】④追加したアプリ(設定したアプリ名)のセットアップー①ログインURL:
    【8】④追加したアプリ(設定したアプリ名)のセットアップー②ログアウトURL:
    【9】SAML認証でログインされる方のドメイン: 複数のドメインがある場合は、全て記載してください。
    【10】SAML認証でのログイン時に「会社ドメイン」に入力したいドメイン: 複数のドメインがある場合のみ、記載してください。
    ログイン画面は複数ドメインに非対応のため、【9】のうち1つのドメインを指定してください。

     
     
     

    5.SAML認証でログイン(ログインエラーになるとき)

    弊社でSAML認証の設定完了後、ご連絡いたします。その後、RECEPTIONIST管理画面の「SAML認証はこちら」からSAML認証でのログインをお試しください。
     
     

    SAML認証でのログイン時にエラーになる場合は以下ご確認ください。

    ・主管理者でSAML認証でのログインを実行されていないか
    ※主管理者はメールアドレス・パスワードでのログインとなり、SMAL認証でのログインはできません。
     

    ・弊社にお送りいただいた『【4】①基本的な SAML 構成ー①識別子 (エンティティ ID)』のドメインでログインされているか
     
    ・AzureADのアプリに割り当てられていないユーザーでSAML認証でのログインを実行されていないか
    ※設定方法は『アプリにユーザーの割り当て』をご覧ください。
     
    『3.対応手順』の設定が誤っていないか
     
    ・弊社までお送りいただいた『4.情報ご提出用テンプレート』の内容が誤っていないか