予約ルームズ:Garoon(ガルーン)連携方法

予約ルームズアプリのVer1.4.0以降でご利用いただけます。

 

予約ルームズでは、「クラウド版 サイボウズ Garoon」と連携して施設を管理することが可能です。
まずは、ご利用のGaroonが連携可能かどうか、「事前確認」をご確認ください。
 

 

もくじ

事前確認
前提条件
事前設定_cybozu.comの設定(管理者が設定)
事前設定_会議室設定画面の設定(管理者が設定)

Check事前設定にはGaroon管理者アカウントとRECEPTIONIST管理者アカウントでの操作が必要です。

 
 
 

事前確認

1.お使いのGaroonがクラウド版か

クラウド版は、連携が可能です。
パッケージ版は、連携に対応しておりません。
 
Tipsお使いのGaroonがクラウド版かパッケージ版か確認する方法
Garoonの画面最下部のフッターをご確認ください。
・「Cybozu Garoon」のみ記載の場合は、クラウド版になります。
・「Cybozu Garoon Version x.x.x」と記載の場合は、パッケージ版になります。

 

▼クラウド版

▼パッケージ版

 
 

2.お使いのGaroonのcybozuドメインが「.cybozu.com」か

ドメイン「.cybozu.com」のみ連携可能です。
今後、ドメイン「.cybozu.cn」にも対応を予定しております。
 
お使いのGaroonのcybozuドメインの確認方法は以下になります。
 

1.Garoon管理者アカウントでGaroonにログイン>「歯車マーク」>「cybozu.com共通管理」をクリックします。

 

2.画面の上部の「ドメイン」をご確認ください。

 

3.Garoon側でIPアドレス制限をしていないか

GaroonでIPアドレス制限をかけられている場合は、RECEPTIONISTサーバーのIPアドレス(13.115.181.254)のアクセス許可が必要となります。
 

Tips(cybozu.com公式サイト)IPアドレス制限とは

 
 
 

前提条件

予約ルームズをGaroonカレンダーと連携してご利用いただく際に、以下前提条件があります。
Check必ずご確認ください。
 

1.メールの送付先について
会議開催のリマインドメールや、自動キャンセル時の案内メールの送信先ですが、以下の優先順位で送信されます。
 

優先1:予定作成者のGaroonアカウントに登録されているメールアドレス宛て
優先2:予定作成者のGaroonアカウントが、RECEPTIONISTNの社員アカウントと外部連携されている場合、その社員アカウントのメールアドレス宛て
優先3:予定作成者のGaroonアカウントのログイン名と、@マーク前が完全一致するRECEPTIONISTの社員アカウントのメールアドレス宛て
 
 

2.繰り返し予定について
繰り返し予定であっても、該当日時の予定に対して入室・退室が可能です。
ただし、APIの仕様により、Garoon上の予定の更新・削除ができないため、以下は動作できません。
・入室、退室した際に、Garoon上の予定の開始・終了時間を更新できません。
・自動キャンセルができません。
・会議室状況画面から、予定の削除ができません。
・会議時間の延長ができません。
 
 

3.仮予定について
会議室状況画面で予定表示が可能です。
ただし、APIの仕様により、Garoon上の予定管理・更新・削除ができないため、以下は動作できません。
・入退室端末・QRコードから入室ができません。
・自動キャンセルができません。
・会議室状況画面から、予定の削除ができません。
 
 

4.閲覧権限がない予定について
会議室管理アカウントが参加者にいない非公開の予定について、APIの仕様により予定管理ができません。
そのため、会議室状況画面で予定表示は可能ですが、入退室端末・QRコードから入室ができません。
 
 
 

事前設定_cybozu.comの設定

cybozu.comへのAPIリクエストを認証するために、cybozu.comにRECEPTIONIST(予約ルームズ)のOAuthクライアントを登録し、連携利用ユーザーを設定する必要があります。
こちらではその手順をご説明いたします。

 
 

1.Garoon管理者アカウントでGaroonにログイン>「歯車マーク」>「cybozu.com共通管理」をクリックします。

 
 

2.画面上部の、.cybozu.com以前の文字列がサブドメインになります。
この後の『事前設定_会議室設定画面の設定』で使用しますので、メモ帳などに保存しておきましょう。

 
 

3.「システム管理」>「外部連携」の「OAuth」>「OAuthクライアントの追加」をクリックします。

 
 

4.各項目を入力し、「保存」をクリックします。

 
 

Item Name Detail
① クライアント名 「RECEPTIONIST(Rooms)」など分かりやすい名称を入力してください。
② クライントロゴ 省略可。よろしければ、以下の画像をご利用ください。
1クリックダウンロード
③ リダイレクトエンドポイント https://app.receptionist.jp/resources_setting」と入力してください。

 
 

5.保存後、「クライントID」「クライアントシークレット」が自動生成されますので、メモ帳などに保存しておきましょう。
この後の『事前設定_会議室設定画面の設定』で使用いたします。

 
 

6.追加したRECEPTIONISTクライアントの「連携利用ユーザーの設定」をクリックします。

 
 

7.会議室管理連携用アカウント(cybozu.com共通管理者のアカウント)にチェックを入れ、「保存」をクリックします。

 
 
 

事前設定_会議室設定画面の設定

再連携の場合は、「会議室設定」>右上の「会議室情報の編集」>「設定」>右側の「削除」を行ってから、以下操作をしてください。
 

1.RECEPTIONIST管理者アカウントでRECEPTIONIST管理画面にログインし、「会議室設定」を選択します。
meetingroom-manage_01

 

2.会議室設定画面の「Garoonカレンダーと連携」ボタンをクリックします。

 
 

3.cybozuで事前にOAuth連携を作成している情報より、各値を設定します。

Item Name Detail
① サブドメイン 『事前設定_cybozu.comの設定』の2で保存したサブドメインを入力してください。
.cybozu.com以前の文字列がサブドメインになります。
② クライアントID 『事前設定_cybozu.comの設定』の5で保存したクライアントIDを入力してください。
③ クライアントシークレット 『事前設定_cybozu.comの設定』の5で保存したクライアントシークレットを入力してください。
④ Garoon ログイン名 『事前設定_cybozu.comの設定』の7で設定した会議室管理連携用アカウント(cybozu.com共通管理者のアカウント)のGaroonログイン名を入力してください。

 

4.各値を入力後、「保存」ボタンをクリックします。
 
 

5.Garoon側の承認画面が表示されますので「承諾」ボタンをクリックして連携します。

 

6.「管理者を認証しました。」と画面上部に表示されます。

 
Check正常にGaroon連携できない場合
Garoonアカウントがcybozu.com側で連携利用ユーザーに設定されていない可能性がございます。Garoon管理者アカウントで『事前設定_cybozu.comの設定』の6、7の設定をご確認ください。

 
 
 

これでGaroon連携は完了です。