メニュー画面を待受に設定する【作業:約3分】

iPadが受付だと気づいてもらえない?

RECEPTIONISTでは、おしゃれなオフィスのエントランスにマッチするように、待受画面の壁紙(波形画像)とロゴ画像を自由にカスタマイズして設定することが可能です。

 

しかし、オフィスエントランスの状況によっては、お客様がiPadを単なるサイネージと勘違いしてしまい、iPadで受付をすることに気づかないことが稀にあるようです。

 

対策としては、iPadの横に「受付はこちらのiPadでお願いします」等のポップを立てたり、背景画像に「こちらをタップして受付」等を記載して対応することも可能ですが、どちらも多少の手間がかかってしまいます。

 

待受の壁紙をスキップし、メニュー画面を待受画面に設定する

そこでRECEPTIONISTでは、待受画面の壁紙をスキップし、操作メニュー画面(ボタンが表示されている画面)で待受ができるようにいたしました。この設定をすると、壁紙待受が3秒間表示された後、自動的にメニュー画面に遷移し、その状態で待機するようになります。

 

メニュー画面で待機するため、待機状態ではロゴ画像や背景画像が表示されず、少しエントランスの雰囲気が変わってしまいますが、お客様にはこれが受付だと気づいてもらいやすくなります。

 

お客様にiPadが受付だとなかなか気づいてもらえないエントランスの場合は、是非こちらをご活用ください。

 

Check

ホールディングス機能をご利用中の場合は、まずはお客様が訪問先企業を選択する必要があるため企業選択画面での待受となります。

 

設定方法

iPadのアプリ設定画面から設定が可能です。

 

現在の待受画面の右上にある歯車ボタンをタップして、ログイン画面を開きます。
iPad受付システムRECEPTIONIST待受画面

 

管理者のアカウントでログインします。
iPad無人受付システムRECEPTIONIST管理画面ログイン

 

アプリ設定画面の中央にあります「待受画面設定」の右端にあるエンピツマークをタップします。
iPad受付システムRECEPTIONIST待受画面3

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

「待受画面設定」画面の下部にあります「操作メニュー画面で待受する」の右端にあるスライダーをタップしてONにします。
その後「保存」ボタンを押下します。
iPad受付システムRECEPTIONIST待受画面4

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

これで設定は完了です。
壁紙状態の待受画面に戻ると、3秒後に、メニュー画面に自動的に切り替わり、そのまま待受状態になります。

 

是非、お試しください。