2-10. チャット設定【InCircle】【作業:約13分】

ここで設定すること

APIユーザの作成 【約5分】
来客通知用トークルームの作成 【約3分】
既存トークルームにAPIユーザを追加する
RECEPTIONIST管理画面の設定 【約5分】

 

 

この3つのステップで、InCircleとRECEPTIONISTの連携設定を行います。
早速、はじめていきましょう!

 

 

TipsInCircleへの通知は、トークルーム通知のみでのお知らせとなります。
(メンション機能はありません)

 

 

APIユーザの作成 【約5分】

最初に、RECEPTIONISTと連携させるためのAPIユーザの作成を行います。
Check この設定はInCircleのシステム管理者にて、管理コンソールにログインして設定を行います。システム管理者のアカウント情報と、管理コンソール用のURLを事前に確認しておいてください。

 

 

2-10(1)

InCircleのシステム管理者にて、管理コンソールにログインします。
Check 管理コンソールへログインする際のURLは、標準ユーザのログイン用URLとは異なりますので、ご注意ください。

Creating-APIUser1.png

 

 

ログインした画面の左側メニューから、「ユーザとグループ」を選択して、その中にある『新規ユーザ登録』を選択します。
Creating-APIUser2.png

 

 

2-10(2)
以下の各項目を埋め、一番下の『保存』ボタンをクリックします。

 

必須項目(赤)

Item Name Detail
① ユーザID これが通知用APIユーザIDになりますので、来客通知用であることがわかりやすいと便利です。 特に指定がない場合、「RECEPTIONIST」と入れてください。
② アクセス権限 必ず「APIユーザ」を指定してください。
③ パスワード 任意のパスワードを入力してください。
④ 表示名称 これが通知用APIユーザ名になりますので、来客通知用であることがわかりやすいと便利です。 特に指定がない場合、「RECEPTIONIST」と入れてください。

 

Creating-APIUser3

 

 

APIユーザが登録されたメッセージが表示されます。
Creating-APIUser4

 

 

2-10(3)
再度、管理コンソールの左側メニューから、「ユーザとグループ」の中にある『ユーザ編集』を選択して、先ほど登録したAPIユーザの右側にある『変更』ボタンをクリックします。

 

Creating-APIUser6

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

「アクセストークン」タブを選択して、有効期間は10年間を指定して、『トークンID作成』をクリックします。
Creating-APIUser7

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

アクセストークンが変更されたメッセージが表示されます。
Creating-APIUser8

 

 

2-10(4)
作成したトークンIDが表示されますので、そのトークンIDを選択してコピーして下さい。
Tips この後の設定でトークンID情報が必要ですので、メモ帳などにコピーしたトークンIDを貼り付けておいてください。
Creating-APIUser9

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

2-10(5)
最後に、作成したAPIユーザにアイコン画像を設定しましょう。
Tips 来客通知がその他の通知と明確に区別できるよう、初期時点でのアイコン設定を推奨させていただいております。初期状態のままでも、使用可能です。

 

特にこだわりがない場合、以下の画像をご利用くださいませ。

 

1クリックダウンロード
receptionist_official152

 

 

APIユーザのユーザ編集画面で、「ユーザ情報」タブを選択して、『ユーザ画像』のファイル選択よりアイコンを指定して、一番下の『保存』ボタンをクリックします。
Creating-APIUser10

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

 

お疲れ様でした!
これでAPIユーザの作成は完了です。

 

 

 

来客通知用トークルームの作成 【約3分】

Check 来客通知を受け取るトークルームには、必ずAPIユーザが追加されていることが必須になりますので、来客通知を受け取るトークルーム全てに、APIユーザを追加してください。

 すでに来客通知用トークルームを作成済の場合

『既存トークルームにAPIユーザを追加する』へスキップ

 

 

2-10(6)

InCircleのホーム画面の「人」タブを選択して、上記 2-10(2) で作成したAPIユーザと、トークルームに含める該当社員の右側にチェックを付けます。

 

Check 必ずAPIユーザの右側にチェックを付けてトークルームに追加してください。追加していない場合、来客通知が受け取れませんのでご注意ください。

create_group_InCircle1

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

2-10(7)
右側に表示された画面で、トークルーム名を入力してアイコンを設定しましょう。

 

必須項目(赤)

Item Name Detail
① トークルーム名 来客通知用であることが分りやすいと便利です。特に指定がない場合、「RECEPTIONIST」と入れてください。
Tips 日本語、半角英数字を自由にご指定いただけます
② アイコン画像 特にこだわりがない場合、以下の画像をご利用くださいませ。

 

1クリックダウンロード
receptionist_official152

Tips 来客通知がその他の通知と明確に区別できるよう、初期時点でのアイコン設定を推奨させていただいております。初期状態のままでも、使用可能です。

 

create_group_InCircle2

 

設定後、『新しいトーク』ボタンを押して、トークルームを作成します。

 

 

2-10(8)
「トーク」タブ内に、作成した来客通知用トークルームが表示されていることを、確認して下さい。
InCircle_addGroup3.png

 

 

 

お疲れ様でした!
これで来客通知用トークルームの作成は完了です。

 

 

 あとからメンバーを追加する場合

ホーム画面の「トーク」タブ内から、該当トークルームを選択します。上部のメンバー編集アイコンをクリックしていただければ、ユーザー編集画面が表示されますので、社員を検索し追加することやメンバーを削除することができます。

InCircle_addGroup4.png

 

 

 

既存トークルームにAPIユーザを追加する

すでに来客通知用トークルームを作成済の場合には、トークルームにAPIユーザを追加してください。

 来客通知用トークルームにAPIユーザを追加済の場合

『RECEPTIONIST管理画面の設定』へスキップ

 

Check 来客通知を受け取るトークルームには、必ずAPIユーザが追加されていることが必須になりますので、来客通知を受け取るトークルーム全てに、この手順でAPIユーザを追加してください。

 

 

2-10(9)
InCircleのホーム画面の「トーク」タブ内から、来客通知を受け取るトークルームを選択して、上部のメンバー編集アイコンをクリックして下さい。
InCircle_addGroup4.png

 

 

2-10(10)

上記 2-10(2) で作成したAPIユーザの右側にチェックを付けて、『保存』をクリックします。
add-to-APIuser1

(画像をクリックすると拡大表示します)

 

 

確認画面が表示されますので、『OK』をクリックします。
add-to-APIuser2

 

 

トークルームに、APIユーザが追加されたことを確認して下さい。
add-to-APIuser3

 

 

 

お疲れ様でした!
これで来客通知用トークルームにAPIユーザの追加は完了です。

 

 

 

RECEPTIONIST管理画面の設定 【約5分】

最後に、RECEPTIONISTの設定を行います。

 

 

2-10(11)

RECEPTIONISTの管理画面左側メニューから「チャット設定」をクリックし、InCircle行の右端「・・・」をクリックします。
appsetting_InCircle1

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

2-10(12)
以下の必須項目を入力し、最後に「設定を保存」をクリックします。

 

必須項目(赤)

Item Name Detail
① このチャットアプリケーションを使用する チェックを入れてください。
② ホスト名 InCircleアカウント設定通知書の「企業コード(ホスト)」の値を入力して下さい。

 

Tips InCircleホーム画面のURLからも判断ができます。
例)URLが
「https://duck.incircle.jp/x00001/appTicket.do?lang=ja_JP」
の場合 duck の部分を入力します。
appsetting_InCircle3
③ 企業コード InCircleアカウント設定通知書の「企業コード(コード)」の値を入力して下さい。

 

Tips InCircleホーム画面のURLからも判断ができます。
例)URLが
「https://duck.incircle.jp/x00001/appTicket.do?lang=ja_JP」
の場合 x00001 の部分を入力します。
appsetting_InCircle4
④ APIユーザートークンID 上記、2-10(4) でコピーしたAPIユーザの『トークンID』を貼り付けて下さい。
⑤ トークルーム名 来客通知を受け取るトークルーム名(上記 2-10(8) で作成したトークルーム名)を入力して下さい。

appsetting_InCircle2

正常に設定が保存されるのを確認しましょう。
appsetting_InCircle5

 

 

2-10(13)
通知テストをしてみましょう。
appsetting_InCircle5

 

このような通知が表示され、
appsetting_InCircle7

 

 

来客通知用トークルームに、「テスト通知」が届けば、設定は正常に完了です。
▼トークルームへの通知例
正常に通知が届いた場合の画面
お疲れ様でした! これでチャット設定は完了です。

 

 

 

 

次の設定へ進む
Next… 『3.受付アプリ設定』(作業目安:10分~)