アポ作成:来訪者情報をSalesforceから取得する(エンタープライズプラン以上)

この機能は、エンタープライズプラン以上でご利用いただけます。

 

SalesforceとRECEPTIONISTの連携が行えます。

 

この連携を行うと、RECEPTIONISTのアポイントメントの来訪者情報に、Salesforce内の取引先責任者に登録されている情報を簡単に反映できます。

 

一度連携設定を行えば全社員に設定が反映され、アポイントメント登録時の会社名やメールアドレスの入力が不要になるので、Salesforceを利用している場合にはぜひご利用ください。

 

 

設定方法

1.

システム管理者権限をお持ちのアカウントでSalesforceにログインし、右上の歯車のアイコンを押して、設定を開いてください。
sf_01_02

 

2.

設定で「プラットフォームツール」>「アプリケーション」>「アプリケーションマネージャ」で「新規接続アプリケーション」(右上)を押して下さい。
sf_02

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

3.

基本情報内の「接続アプリケーション名」と「API 参照名」と「取引先責任者 メール」をそれぞれ入力します。

Item Name Detail
接続アプリケーション名 任意の文字列
(例:RECEPTIONIST)
API参照名 任意の文字列
(例:RECEPTIONIST)
取引先責任者 メール 設定しているご自身のメールアドレスをご入力ください。
sf_03

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

4.

API (OAuth 設定の有効化)項目で、以下3箇所を設定します。

 

①「OAuth 設定の有効化」にチェックを入れます。
②「コールバック URL」に以下URLを入力してください。
https://app.receptionist.jp/appointment_setting
③選択したOAuth範囲にて、
「データへアクセスと管理(api)」と
「ユーザに代わっていつでも要求を実行(refresh_token,offline_access)」
を選択してください。

sf_04-02

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

5.

下部の「保存」をクリックします。
sf_04-04

 

新規接続アプリケーションの確認画面が表示されるので、「次へ」をクリックしてください。
sf_05_02

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

6.

表示された「接続アプリケーションを管理する」画面の
①コンシューマ鍵
②コンシューマの秘密
の2点をコピーして手元に控え、アプリが有効になるまで10分程度待ちます
sf_06_03

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

7.

10分経過後、SalesforceからログアウトせずにRECEPTIONIST管理画面を開き、
管理者メニュー>アポイントメント設定>「来訪者連携」タブの「Salesforce」右側の「・・・」をクリックします。
sf_07-2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

8.

6で控えた①「コンシューマ鍵」と②「コンシューマの秘密」を、それぞれコピー&ペーストし、「Salesforceに接続する」をクリックします。
Checkこのとき、上記6のとおりSalesforceからはログアウトせずログインした状態で接続をおこなってください
sf_08_2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

アクセス許可画面が表示された場合は、「許可」をクリックします。
sf_08-02

 

連携完了の表示が行われます。
sf_08-02

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

■エラー表示が出る場合
・作成したアプリが有効になっていない可能性があります。10分程度時間を置いて再度お試しください。
・入力した「鍵」もしくは「秘密」に誤りがある可能性があります。コピー内容に誤りがないかご確認ください。

sf_error

 

以上で連携は完了です。

 

 

利用方法

各社員ごとの設定は不要で、アポイントメントの来訪者情報に氏名を入力した際にSalesforce上の取引先責任者が表示されるようになります。

 

該当の取引先責任者を選択すると、会社名・メールアドレスが自動で入力されます。
sf_rp01-02

 

▼Salesforceに登録されている会社名・メールアドレスが自動入力されます。
sf_rp02

 

 

一度設定を行うだけで全社員さまが利用可能な機能ですので、ぜひお役立てください。