OKボタン(slack)を実装しました

【Slackをご利用の企業様向け】「OKボタン」を実装しました

※既にSlackでご利用中の企業様は、設定が必要です。(約3分)

OKボタンとは

Slackでご利用の場合、各通知に「OK」ボタンをつけることができます。
 

 

迎えに行く人がこの「OK」ボタンを押すことで、来客のために誰が動いているか、簡単かつリアルタイムに情報を共有することができます。
test_notification_slack2
このような通知が届いたら、「OK」をクリック


test_notification_slack_after_OK2
↑迎えに行く人のSlackユーザー名が表示されます
対応漏れや、重複対応の防止にお役立てくださいませ。
 

OKボタンを利用するには

これから設定される方は、設定をそのまま進めていただくだけでご利用いただけます。
 

 
既にslackでRECEPTIONISTをご利用いただいている企業様の場合、以下の設定ページから設定をお願いいたします。

『SlackにOKボタンを追加する方法(作業:約3分)』へ