SlackのIDとは何ですか?

RECEPTIONISTに設定するIDの確認方法をご案内します

SlackのIDとは(自分のSlackIDとはどれのこと?)

 

自分のSlack IDを確認する
氏名(Full name)、表示名(Display name)を確認するには
メンバーID(User ID)を確認するには

 

《 管理者向け 》
Slack管理者が全社員のSlackのIDを把握する方法
Slack画面上から把握するには
CSV一括ダウンロードでの確認も便利です

 

SlackのIDとは

2017年9月のslack仕様変更に伴い、必要となるslackIDが変わりました。

 

SlackにはIDと呼べるものが下記のように複数あります。

IDの種類 説明
氏名
(Full name)
Taro.Yamada
山田 太郎
Slackにユーザー登録した際に入力した姓名です。
RECEPTIONISTに設定できるIDの一つです。
表示名
(Display name)
Yamada Slack利用時に表示されるIDです。主にメンションする際に@以降につけて利用します。
登録は任意のため、表示名を登録しない場合、メンションには氏名が利用されます。
RECEPTIONISTではこちらをメインに利用します。
Tips 表示名(Display name)を設定するには →詳しくはこちら
ユーザー名
(User name)
tyamada 2017年9月以前に、Slack上でメンションする際に利用していたIDです。半角英数字のみ利用可能でした。マルチバイト文字(日本語等)対応のため、現在は使う機会が限られています。
Tips Slackで個人チャット(DM)へ通知する場合に使用します。→詳しくはこちら
メンバーID
(User ID)
UA4TMO424 Slackのシステム側でユーザーを一意に管理するために付与されたシステム用のIDです。API経由でユーザーにメンションしたりする際は、システム上はこちらのIDが利用されています。
実際のIDは管理者がメンバー一覧のCSVをダウンロードすると確認することができます。

一般的なユーザーがSlackを利用する際に意識する必要はありませんが、RECEPTIONISTに設定できるIDの一つです。
Tips Slackの共有チャンネルで相手のワークスペースにメンションを送る場合に使用します。→詳しくはこちら

 

これらのうち、RECEPTIONISTから各社員に直接メンション通知を行うために設定するIDは、『表示名(Display name)』になります。

 

そして表示名(Display name)を設定していない社員の場合は
氏名(Full name)
メンバーID(User ID)
が利用できます。

 

 

 

自分のSlack IDを確認する

 

氏名(Full name)、表示名(Display name)を確認するには

 

左上のチーム名をクリックして、プロフィール & アカウントを選択します。
右側にメニューが表示されますので「プロフィールを編集する」をクリックします。

 
slack_id_01

 

 

「プロフィールを編集する」画面が表示されますので、ここから自分の氏名(Full name)、表示名(Display name)を確認することができます。

 

slack_id_02

 

表示名(Display name)を設定するには

もし、『表示名(Display name)』が未設定の場合は、設定いただくことをオススメいたします。

 

画面中央の表示名(Display name)を設定して、右下の「変更を保存する」をクリックします。

slack_id_03

 

Tips Slackの表示名(Display name)に、英数字・日本語どちらもご利用いただけます。

 

2017年11月にSlackが日本語対応を開始したことにあわせ、RECEPTIONISTでもSlackのIDとして日本語が設定できるようになりました。
Slack側の表示名(Display name)を日本語に設定される場合には、ぜひご活用くださいませ。

 

▼フリー・スタンダードプランの場合
フリープランのSlackID欄
※この入力欄に「Slack表示名(Display name)」を入力します

▼エンタープライズプラン以上の場合
エンタープライズプラン以上のSlackID欄

 

 

メンバーID(User ID)を確認するには

 

左上のチーム名をクリックして、プロフィール & アカウントを選択します。
右側にメニューが表示されますので「プロフィールを編集する」横の「・・・」をクリックします。

 
slack_id_04

 

 

メニューが表示されますので、その項目から自分のメンバーID(User ID)を確認することができます。

 

Tips クリックすることでメンバーID(User ID)をコピーできます。

slack_id_05

 

 

Slack管理者が全社員のSlackのIDを把握する方法

Tips この作業は「ワークスペースの管理者」以上の権限を持っているアカウントで行ってください。

 

Slack画面上から把握するには

 

左上のチーム名をクリックして、その他管理項目を選択します。
右側に下位メニューが表示されますので「メンバー管理」をクリックします。

check_list_slackid_01

Tips この時、ブラウザでサインインしていない場合、サインインの画面が表示されることがあります。
その場合は、メールアドレスとパスワードを入力し、サインインしてください。

 

 

表示された画面で、全社員のSlackのIDを確認できます。

check_list_slackid_02

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

表示名(Display name)が設定されているかの確認

 

メールアドレス情報の前にある、表示名(Display name)の有無によって判断できます。
 

▼設定されて場合
check_list_slackid_03

▼設定されていない場合
check_list_slackid_04

 

 

Tips 該当社員の右側にある「・・・」から「情報を編集する」を選択することで、その社員の情報を編集することも可能です。

 

check_list_slackid_05

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

 

CSV一括ダウンロードでの確認も便利です

 

CSV一括ダウンロードを行うことで、Slackの各IDを確認することができますので、管理者の場合にはこちらの操作が便利です。

 

上記までの手順同様に、メンバー管理画面にてダウンロードアイコンをクリックします。

 

check_list_slackid_csv_01

 

 

ダウンロードしたCSVファイルを開くと、氏名(Full name)・表示名(Display name)・ユーザー名(User name)・メンバーID(User ID)が確認できます。
Tips 文字化けする場合には、「Googleスプレッドシート」でCSVファイルを開いてください。

 

check_list_slackid_csv_02

 

username列が、ユーザー名(User name)
userid列が、メンバーID(User ID)
fullname列が、氏名(Full name)
displayname列が、表示名(Display name)
になります。

 

 

 

これらの情報で、表示名(Display name)が未設定の社員には、設定するよう促すことができます。
社員全員に表示名を入力してもらうことが難しい場合は、氏名(Full name)・メンバーID(User ID)を利用して登録を進めてください。