SlackのIDとは何ですか?

slackのID(表示名)には、日本語もご利用いただけます →詳しくはこちら
SlackのIDとは(自分のSlackIDとはどれのこと?)

自分のSlack表示名(Display name)を設定するには
 ( 【PCの場合】 【スマートフォンの場合】 )

管理者が全員分のSlack表示名(Display name)を把握するには

SlackのIDとは

2017年9月のslack仕様変更に伴い、必要となるslackIDが変わりました。

 

SlackにはIDと呼べるものが下記のように複数あります。

IDの種類 説明
氏名(Full name) Taro Yamada

山田 太郎

Slackにユーザー登録した際に入力した姓名です。
表示名(Display name) taro.yamada Slack利用時に表示されるIDです。主にメンションする際に@以降につけて利用します。登録は任意のため、表示名を登録しない場合、メンションには氏名が利用されます。

RECEPTIONISTではこちらをメインに利用します。

ユーザーネーム(User name) tyamada 2017年9月以前に、Slack上でメンションする際に利用していたIDです。半角英数字のみ利用可能でした。マルチバイト文字(日本語等)対応のため、現在は使う機会が限られています。
ユーザーID(User ID)  UA4TMO424 Slackのシステム側でユーザーを一意に管理するために付与されたシステム用のIDです。API経由でユーザーにメンションしたりする際は、システム上はこちらのIDが利用されています。実際のIDは管理者がメンバー一覧のCSVをダウンロードすると確認することができます。

一般的なユーザーがSlackを利用する際に意識する必要はありません。

 

これらのうち、RECEPTIONISTから各社員に直接メンション通知を行うために設定するIDは、『表示名(Display name)』になります。そして表示名(Display name)を設定していない社員の場合は「氏名(Full name)」が利用できます。
 

 

表示名(Display name)は画像の通り、Slack画面の左上から確認ができます。

設定されている場合、2行で表示され、上段が氏名(Full name)で、下段が表示名(Display name)です。
 
【参考】2行表示の各情報
(上段)Ichiro Tanaka :Full name
(下段)Ichiroh :Display name

new_slackID2
▲左上チーム名をクリック後、2行表示の下段がDisplay nameです。
 

Check該当画面が1行の表示の場合
Display nameが設定されていません
(表示されているのはFull name情報のみです。)
Display nameを設定しましょう。

not_slackID2_2

▲『Ichiro Tanaka』をRECEPTIONISTに登録することも可能ですが、Slackを利用しやすくするために、表示名(Display name)の設定をオススメしています。

slackの表示名(Display name)に、日本語もご利用いただけます

 

2017年11月にSlackが日本語対応を開始したことにあわせ、RECEPTIONISTでもSlackのIDとして日本語が設定できるようになりました。

Slack側のDisplay nameを日本語に設定される場合には、ぜひご活用くださいませ。

 

▼フリー・スタンダードプランの場合
フリープランのSlackID欄

※この入力欄に「Slack表示名(Display name)」を入力します

▼エンタープライズプラン以上の場合
エンタープライズプラン以上のSlackID欄
 

 

 

自分のSlack表示名(Display name)を設定するには

【PC】ブラウザ・アプリの場合

 

左上のチーム名をクリック > Profile&accountをクリック > 「Edit Profile」をクリックの順で進んでください。
Display nameの設定方法

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

画面中央のDisplay nameを設定します。
半角英数字、日本語どちらも登録可能です。)
最後に、右下の「Save Changes」をクリックします。
how_to_check_slackid_2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

お疲れ様でした!
右下画面に、設定したDisplay nameが表示されていることを確認してください。
how_to_change_slackid_3
これでslackIDが確定しましたので、管理者の方に作業完了の旨をお伝え下さい。

【スマートフォン】アプリの場合

 

画面右上にある「…(縦並び)」ボタンをタップ
→一番上の自分の名前をタップ
→「Edit profile」をタップ
→「Display name」項目を半角英数字・日本語のいずれかで入力いただき、一番右上の「Done」をタップ
これでslackIDが確定しましたので、管理者の方に作業完了の旨をお伝え下さい。
 

 

管理者が全員分のSlack表示名(Display name)を把握するには

作業の前にご確認ください

現状のslackの仕様では、各社員のDisplay name把握は可能です。
ただし、管理者でDisplay nameの一括設定はできないため、設定されていない社員には、設定を促しましょう。
 

全員分の設定状況を把握するには

Tips この作業は、Admin以上の権限を持っているアカウントで行ってください。

slack画面の左上チーム名をクリックし、「Manage members」を選択します。
左上チーム名からManage membersをクリック
Tips この時、ブラウザでサインインしていない場合、サインインの画面が表示されることがあります。
その場合は、メールアドレスとパスワードを入力し、サインインしてください。

 

表示された画面で、Display nameの設定有無が確認できます。
(CSVダウンロードの場合は、画面右上のCSVダウンロードボタンをクリック)

設定されている場合

画像のように、メールアドレス情報の前に、Display nameが表示されます。
▼以下例では、『Ichiroh』がDisplay name
メールアドレスの前にかかれている文字列がDisplay nameです

( 画像をクリックすると拡大表示します )

設定されていない場合

メールアドレス情報の前に何も情報が表示されていない場合、Display nameが設定されていません。
該当の社員に、設定するよう促してください。社員全員に表示名を入力してもらうことが難しい場合は、氏名(Full name)を利用してRECEPTIONISTの登録を進めてください。

メールアドレスの前が何も書かれていない場合、Display nameが設定されていません

( 画像をクリックすると拡大表示します )