Slack IDとは何ですか?

<< NEW >>slackIDに、日本語もご利用いただけます →詳しくはこちら
 

SlackIDとは(自分のSlackIDは?)2017年9月以前からご利用の企業様へ )
自分のSlackIDを設定するには ( 【PCの場合】 【スマートフォンの場合】 )
管理者が全員分のSlackIDを把握するには
 

SlackIDとは

2017年9月のslack仕様変更に伴い、slackIDの情報元が変わりました。

 

RECEPTIONISTから各社員に直接メンション通知を行うために設定する情報で、Slack上では『Display Name』(各社員が自分で設定する任意のID)です。
 

画像の通り、左上から確認ができます。
 
設定されている場合、2行で表示され、上段がSlackID(DisplayName)です。
 

【参考】2行表示の各情報
(上段)Ichiroh :DisplayName
(下段)Ichiro Tanaka :Fullname

new_slackID2
▲左上チーム名をクリック後、2行表示の上段がDisplayNameです。
 

 

Check該当画面が1行の表示の場合
 

DisplayNameが設定されていません
(表示されているのはFullname情報のみです。)
 

DisplayNameを設定しましょう。

not_slackID2
▲『Ichiro Tanaka』をRECEPTIONISTに設定しても、メンションがつかない状態となります。
 

slackIDに、日本語もご利用いただけます

 

2017年11月にSlackが日本語対応を開始したことにあわせ、RECEPTIONISTでもSlackIDに日本語が設定できるようになりました。
 
Slack側のDisplayNameを日本語に設定される場合には、ぜひご活用くださいませ。
 

▼フリープランの場合
フリープランのSlackID欄
▼エンタープライズプランの場合
エンタープライズプランのSlackID欄
 

 

 

 

自分のSlackIDを設定するには

【PC】ブラウザ・アプリの場合

 

左上のチーム名をクリック > Profile&accountをクリック > 「Edit Profile」をクリックの順で進んでください。
DisplayNameの設定方法

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

画面中央のDisplayNameを設定します。
半角英数字、日本語どちらも登録可能です。)
 

最後に、右下の「Save Changes」をクリックします。

how_to_check_slackid_2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

お疲れ様でした!
 

右下画面に、設定したDisplayNameが表示されていることを確認してください。

how_to_change_slackid_3
 

これでslackIDが確定しましたので、管理者の方に作業完了の旨をお伝え下さい。
 

【スマートフォン】アプリの場合

 

画面右上にある「…(縦並び)」ボタンをタップ
→一番上の自分の名前をタップ
→「Edit profile」をタップ
→「Display name」項目を半角英数字・日本語のいずれかで入力いただき、一番右上の「Done」をタップ
 

これでslackIDが確定しましたので、管理者の方に作業完了の旨をお伝え下さい。
 

 

 

管理者が全員分のSlackIDを把握するには

作業の前にご確認ください 

現状のslackの仕様では、各社員のDisplayName把握は可能です。
ただし、管理者でDisplayNameの一括設定はできないため、設定されていない社員には、設定を促しましょう。
 

 

全員分の設定状況を把握するには

Tips この作業は、Admin以上の権限を持っているアカウントで行ってください。
 

slack画面の左上チーム名をクリックし、「Manage members」を選択します。
左上チーム名からManage membersをクリック
 

Tips この時、ブラウザでサインインしていない場合、サインインの画面が表示されることがあります。
その場合は、メールアドレスとパスワードを入力し、サインインしてください。

 

 

表示された画面で、DisplayNameの設定有無が確認できます。
(CSVダウンロードの場合は、画面右上のCSVダウンロードボタンをクリック)
 

設定されている場合

画像のように、メールアドレス情報の前に、DisplayNameが表示されます。
▼以下例では、『Ichiroh』がDisplayName
メールアドレスの前にかかれている文字列がDisplayNameです

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

設定されていない場合

メールアドレス情報の前に何も情報が表示されていない場合、DisplayNameが設定されていません。
 

該当の社員に、設定するよう促してください。

メールアドレスの前が何も書かれていない場合、DisplayNameが設定されていません

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

2017年9月以前からRECEPTIONISTをご利用の企業様へ
Webhook,SlackAPPのどちらで連携設定をされているかによって、SlackIDが異なります。
恐れ入りますが、以下をご確認いただけますでしょうか。

 
Tipswebhook、SlackAPPどちらを利用しているか確認するには?
管理者の方がWEB管理画面の「チャット設定」のSlack行で、「AddtoSlack」下の表示内容によります。
api_setting_slack3
空欄・「新たにSlackAppでの認証ができるようになりました」の場合 : webhook使用
「認証済み」の場合 : SlackApp利用

 

【webhook利用(旧仕様)】【SlackAPP利用(最新)】
 
webhookにてご利用の場合、SlackIDは以前同様、usernameとなります。
 
【ご自身のusername情報を調べる】 →こちらをクリック
 
【管理者が全社員のusername情報を調べる】 →こちらをクリックして全員の情報をダウンロード
※ダウンロードできない場合、こちらの画面右上のCSVダウンロードからお試し下さい。

 
【一度もDisplayNameを設定していない社員さまの場合】
特に設定を変更する必要はありません。
RECEPTIONISTの旧SlackIDであるusername情報がDisplayNameにも自動反映されます。
 
【上記以外の社員さまの場合】
SlackのDisplayNameを、RECEPTIONISTのSlackID欄に設定してください。