SAML認証:CloudGate UNOの事前設定

この機能は、プレミアムプランでご利用いただけます。

 

RECEPTIONISTでCloudGate UNOのSAML認証をご利用いただくための、各種注意事項や事前準備・設定についてご案内します。
以下それぞれ、ご確認ください。
 

もくじ

注意事項
事前準備
情報ご提出用テンプレート
対応手順
SAML認証でのログイン・ログインエラー

 
 

注意事項

1.ログイン方法について
SAML認証設定を行うと、メールアドレス・パスワードを利用したログインは行えなくなります。iPadアプリログイン用の管理者アカウントのみ、メールアドレス・パスワードでのログインになります。

 

2.SAML認証設定後の社員登録について
RECEPTIONISTに社員を追加(アカウント追加登録)できるのは管理者のみですが、SAML認証設定を行った場合は以下のようになります。
管理者が登録していないアカウントでも、連携したIdP環境にアカウントを持っている社員の場合はSAML認証でRECEPTIONISTにログインが行えます。このとき、自動的にRECEPTIONIST上にアカウントが追加されます。
Tips 管理者の社員登録不要で、社員自らアカウントを追加することが可能です。

 

3.SAML認証の仕様に関する注意点
1) CloudGate UNO側にログイン済みの状態で、SAML認証でRECEPTIONISTにログインしようとすると、CloudGate UNOにログイン済みのユーザーで自動的にRECEPTIONISTにログインされます(SSO)
2) CloudGate UNO側にログインしていない状態で、SAML認証でRECEPTIONISTにログインすると、自動的にCloudGate UNO側もログインされます。
3) SAML認証でRECEPTIONISTにログイン>RECEPTIONISTにログアウトすると、自動的にCloudGate UNO側もログアウトされます。
5) SAML認証でRECEPTIONISTにログインすると、アカウント情報画面にパスワード欄はありません。
6) 通常フローでRECEPTIONIST側で社員追加>同じメールアドレスでCloudGate UNO側にアカウント作成>そのアカウントでSAML認証できます。ただし、一度でもSAML認証でログインすると、通常フローでRECEPTIONISTにログインできなくなり、SAML認証のみログイン可能となります。
7) SAML認証しているアカウントがメールアドレスを変更する場合は、RECEPTIONIST側とCloudGate UNO側のメールアドレスをそれぞれ変更する必要があります。
8) 会社ドメインは次回以降、初期値として反映されます。

 

 

事前準備

iPadアプリログイン用のRECEPTIONIST管理者アカウントをご用意ください。
また、上記のアカウントであらかじめiPadアプリにログインを行ってください。
※SAML認証の設定を行うと、上記以外のアカウントはiPadアプリにログインできなくなります。
上記アカウントはSAML認証でのログインができないため、メールアドレス・パスワードでログインしてください。
※iPadログイン用の管理者アカウントは、担当者の退職等の場合に備えて個人のアカウントではなくadmin@receptionist.co.jp等の共有アカウントを推奨します。

 

 

情報ご提出用テンプレート

以下が弊社へお送りいただく情報です。
メールでお送りいただく際に、こちらのテンプレートをご利用ください。

 

項目名 ご提出内容
【1】Idpプロバイダー: CloudGate UNO
【2】設定希望日:
【3】iPadログイン用管理者アカウントのメールアドレス:
こちらでご準備いただいたメールアドレスです。
【4】①ログインURL:
【5】②ログアウトURL:
【6】③証明書のフィンガープリント(SHA256)
【7】④証明書
※パスワードをかけてお送りください。
【8】⑤Issuer / Provider name / Entity ID
【9】SAML認証でのログインで使用するドメイン: 複数ある場合は、全て記載してください。

 
 
 

対応手順

 

1.CloudGate管理者でCloudGate UNO AdminSite にログインします。
 
 

2.サイドバーの「設定」から「サービスプロバイダー」をクリックします。
 
 

3.「サービスプロバイダー追加」をクリックし、RECEPTIONISTを追加します。
 
 

4.アカウント管理から各ユーザーのサービス項目でRECEPTIONISTを有効化し、アカウントIDにメールアドレスを指定します。
 
 

5.追加属性のRelayStateに会社ドメインをいれます。
 
 

6.Issuer / Provider name / Entity IDに会社ドメインをいれます。
「AssertionConsumerService URL」に以下をいれます。
https://api.receptionist.jp/api/auth/cloudgate/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState={貴社ドメイン}
 

(例)https://api.receptionist.jp/api/auth/cloudgate/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState=receptionist.co.jp
 
 

必要な情報取得

 

サービスプロバイダー一覧 > RECEPTIONIST > シングルサインオン設定ページ
より、以下の情報を取得してください。

 
・①ログインURL
・②ログアウトURL
・③証明書のフィンガープリント(SHA256)

 
 

サービスプロバイダー一覧 > RECEPTIONIST > シングルサインオン設定ページのダウンロードをクリック
より、以下の情報を取得してください。

 
・④証明書

 
 

サービスプロバイダー一覧 > RECEPTIONIST > シングルサインオン設定 > SAML 2.0の設定 ページ
より、以下の情報を取得してください。

 
・⑤Issuer / Provider name / Entity ID

 
 
 

以上の操作のうえ、
ご提出用テンプレートをご記入の上、ダウンロードした証明書と共に弊社までお送りください。

 
また、CloudGate UNO上では、引き続き以下の設定をお願いいたします。

 
 

シングルサインオン設定

 

シングルサインオンの設定内にある「Assertion consumer service URL」に、以下のURLを入力してください。

 
https://api.receptionist.jp/api/auth/cloudgate/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState={会社ドメイン}

 
 

Tips 例)会社ドメインが「receptionist.co.jp」の場合
https://api.receptionist.jp/api/auth/cloudgate/callback?namespace_name=api&resource_class=Employee&RelayState=receptionist.co.jp
と入力してください。

 
 

以上となります。
ご提出用テンプレートをご記入の上、ダウンロードした証明書と共に弊社までお送りください。

 
 
 

SAML認証でのログイン・ログインエラー

弊社でSAML認証の設定完了後、ご連絡いたします。その後、RECEPTIONIST管理画面の「SAML認証はこちら」からSAML認証でのログインをお試しください。
 
 

SAML認証でのログイン時にエラーになる場合は以下ご確認ください。

・iPadログイン用管理者アカウントでSAML認証でのログインを実行されていないか
※iPadログイン用管理者アカウントはメールアドレス・パスワードでのログインとなり、SMAL認証でのログインはできません。
 
『シングルサインオン設定』を行っていないユーザーでSAML認証でのログインを実行されていないか
 
『対応手順』の設定が誤っていないか
 
・弊社までお送りいただいた『情報ご提出用テンプレート』の内容が誤っていないか