【Slack】OKボタン、HELPボタンとは?

【Slackをご利用の企業担当者様向け】

 

OKボタンとは

迎えに行く人がこの「OK」ボタンを押すことで、来客のために誰が動いているか、簡単かつリアルタイムに情報を共有することができます。
「OK」をクリックします。

OK1

②対応する社員のSlackユーザー名が表示
OK2

 

TipsOKボタンを押した際の「〇〇がお迎えに行きます」には、基本的にSlackのユーザー名(User name)が表示されます。ただし、下記の場合のみ、RECEPTIONIST管理画面にご登録の社員名が表示されます。
 

・「社員情報」のSlackIDを氏名(Full name)で登録 かつ Slack側で氏名(Full name)とユーザー名(User name)が同じ
・「社員情報」のSlackIDを表示名(Display name)で登録 かつ Slack側で表示名(Display name)とユーザー名(User name)が同じ

 

※Slack IDについてはこちら
※Slackのユーザー名(User name)の編集はこちら

 

HELPボタンとは

担当者が手を離せないときに「HELP」ボタンを押すことで、@hereがチャネルに通知され別の社員が来客対応を行うことができます。

①来客があるが、対応できない場合「HELP」ボタンを押します。HELP1

 

②@hereにて他の社員へ通知されます。対応できる方はOKをクリックします。HELP2

③対応する社員のslackユーザー名が表示されます。HELP3

ボタンを利用するには

これから設定される方は、設定をそのまま進めていただくだけでご利用いただけます。
対応漏れや、重複対応の防止にお役立てくださいませ。