iPadの利用台数を変更する方法【作業:約3分】

ここでは、iPadの台数を追加する(増やす)場合と、減らす場合の一連の設定操作をご案内します。

また、iPadを増やした際には、お客様がどこの受付に来たかがわかるようにするために、それぞれのiPadの設置場所名(受付アプリ設定名)の設定方法もご案内します。

作業を始める前に

iPadを2台以上でご利用の場合、1台につき、追加料金がかかります。( 料金プランの詳細はこちら
そのため、この設定を行う前に、クレジットカードの登録が完了しているか、ご確認をお願いいたします。

iPadを2台以上に追加する方法

RECEPTIONISTの管理画面の管理者メニュー「受付アプリ設定」から、「iPadを追加」ボタンをクリックします。addipad1

「本当に実行しますか?」と確認が出ますので、「OK」を押して下さい。
「本当に実行しますか?」と確認が出たら「OK」
「タブレットの台数を追加しました。」と表示されます。
addipad2
お疲れ様でした!これでiPadを1台追加する作業は完了です。
追加されたiPadは「受付アプリ設定」メニューにて確認することができます。
addipad3
さらに、ここで「受付アプリ設定名」を編集し、このiPadの設置場所名を入れることで、お客様がどこから受付しているのか、通知メッセージでわかるようになります。「デバイス情報」の右端にある「編集」をクリックして変更します。
addipad4
エンタープライズ版以上でオフィス機能をご利用の場合には、「オフィス設定」を編集し、設置するオフィスを選択することで、設置したオフィスに所属する社員のみを呼び出せるようになります。
Tips オフィス機能の詳細はこちら
addipad-office

たとえば受付アプリ設定名を「本社2F受付」と設定すると、右側のような通知メッセージになります。

addipad5

ご利用台数と料金を確認するには

右上のアイコンから「お支払情報」に記載されている使用タブレット数をご覧ください。
1台追加した場合 : 2台になっていれば、正常に設定が完了しています。
addipad6

iPadの利用台数を減らす方法

作業を始める前に

iPadの利用台数を減らす場合、直近で追加したアプリ設定が削除されます。
addipad7削除前に、直近のアプリ設定が削除されても問題がないか、ご確認下さいませ。

RECEPTIONISTの管理画面の左側メニュー「受付アプリ設定」をクリックし、ページ下の「タブレット台数を減らす」をクリックします。
addipad8

台数を減らすにあたっての注意書きが表示されます。
ご確認いただき、「OK」をクリックします。
addipad9
お疲れ様でした!
これでiPadを1台減らす作業は完了です。
addipad10

ご利用台数と料金を確認するには

料金プラン画面の「使用可能なタブレット数」欄が、実際のご利用台数の表示になっているかをご確認ください。