DingTalkの各ID情報を確認する

RECEPTIONISTに設定するIDの確認方法をご案内します

DingTalkユーザー名の確認方法
(自分のユーザー名 各社員のユーザー名 )

 

《 管理者向け 》
DingTalkユーザー名の一括確認方法
 

DingTalkユーザー名の確認方法

自分のユーザー名を確認する
各社員のユーザー名を確認する

自分のユーザー名

 

メイン画面から、右上の自身のアイコンをクリックします。
表示されますプルダウンメニューより、さらに自身の名前をクリックします。

how_to_check_userid_DingTalk1

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

表示されました詳細ポップアップより、Phone Numberがユーザー名になります。
Tips 先頭の国番号(+81)も必要ですので、そのままお使いください。
 

(画像例のユーザー名: +81-0000000000)

how_to_check_userid_DingTalk2

 

各社員のユーザー名

 

メイン画面の左側にある『Contactアイコン』を選択し、企業名(組織)のメニュー内から『Choose from org chart』をクリックします。
 
(画像例の企業名(組織): Delighted)
how_to_check_userid_DingTalk3

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

画面中央に表示されたユーザー一覧から、該当ユーザーをクリックしますと、詳細ポップアップが表示されます。
そのなかにある、Phone Numberが伏字になっていますので、『View Now』を押して、解除します。
 

how_to_check_userid_DingTalk4

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Phone Numberが全て表示されますので、この番号がユーザー名になります。
 

Tips 先頭の国番号(+81)も必要ですので、そのままお使いください。
(画像例のユーザー名: +81-1111111111)

how_to_check_userid_DingTalk5

 

 

 

管理者の場合、一括ダウンロードでの確認が便利です

 

ユーザー名の一括確認方法

 

メイン画面より、右上の『Admin Panelアイコン』を選択します。

how_to_check_userid_DingTalk6 ( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

管理パネルへのログインを求められますので、管理者ユーザのパスワードを入力し『Login』ボタンを押してください。
 

Tips パスワード入力画面が直接表示されない場合、表示されました画面より管理者ユーザで再度ログインをして下さい。

how_to_check_userid_DingTalk7 ( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

管理パネルが表示されますので、『Contacts Management』を選択します。
 

how_to_check_userid_DingTalk8

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

ユーザー画面が表示されますので、左側から一覧取得する対象の組織を選択し、中央に表示されたメニューから『Batch Import/Export』をクリックします。
 

how_to_check_userid_DingTalk9

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

表示されました画面から、『Export/Edit Contacts』タブを選択し、切り替わった画面から『Export』をクリックします。
 

how_to_check_userid_DingTalk10

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

自動的にログインアカウントの電話番号へ、SMSで検証コードが届きますので、そのコードを『Verification code』に入力して『OK』をクリックします。
 

Tips 検証コードの有効時間は60秒となります。

how_to_check_userid_DingTalk11 ( 画像をクリックすると拡大表示します )
 

 

先ほどの画面からユーザー一覧をダウンロードできるようになりますので、『Download』ボタンをクリックします。
 

how_to_check_userid_DingTalk13

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

ダウンロードされましたファイルにて、「Phone No.」列が確認できます。
こちらがユーザー名になりますので、RECEPTIONISTのCSVにコピーしてご活用下さいませ。
Tips 先頭の国番号(+81)も必要ですので、そのままお使いください。

how_to_check_userid_DingTalk14
(画像例のユーザー名: +81-0000000000/+81-1111111111)
 

 

この情報を、RECEPTIONIST用CSVファイル・各社員情報の「ユーザー名」欄にてご利用下さい。

 

 

 

 まだ社員追加の作業が完了していない場合

導入マニュアルに戻る
Back… 『4.社員情報の追加登録』