Hangouts Chatの各ID情報を確認する

RECEPTIONISTに設定するIDの確認方法をご案内します

Hangouts Chatユーザー名の確認方法
(自分のユーザー名 各社員のユーザー名 )

 

《 管理者向け 》
Hangouts Chatユーザー名の一括確認方法
 

Hangouts Chatユーザー名の確認方法

自分のユーザー名を確認する
各社員のユーザー名を確認する

自分のユーザー名

 

メイン画面から、右上の自身のアイコンをクリックします。
表示されますプルダウン表示より、メールアドレス(例:yamada@d-lighted)の@以前の文字列がユーザー名です。
 

(画像例のユーザー名: yamada)
how_to_check_userid_Hangouts1

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

各社員のユーザー名

 

メイン画面の左上にある『+ ユーザー、チャットルーム、bot を検索』 の検索枠に社員名を入力します。
予測から該当社員が表示されますので、そのメールアドレス(例:mita@d-lighted)の@以前の文字列がユーザー名です。
 

(画像例のユーザー名: mita)
how_to_check_userid_Hangouts2 ( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

 

 

管理者の場合、一括ダウンロードでの確認が便利です

 

ユーザー名の一括確認方法

 

メイン画面より、右上のGoogleアプリのアイコンを選択して、表示されるアプリ一覧より『管理』を選択します。
 

Tips パスワードを求められた場合、Googleアカウントのパスワードを入力してください。

how_to_check_userid_Hangouts3 ( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Google管理コンソールが表示されますので、機能より『ユーザー』を選択します。
 

how_to_check_userid_Hangouts4

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

ユーザー画面が表示されますので、ユーザーリストの右上にある、『ダウンロードアイコン』をクリックします。
Tips 組織部門の選択や、ユーザー属性にてフィルタを行い、ユーザーの絞込みを行うこともできます。
 

how_to_check_userid_Hangouts5

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

ユーザー情報のダウンロード画面が表示されますので、以下の項目にチェックを付け、最後に「ダウンロード」をクリックします。

Item Name Detail
① 列を選択 現在選択されている列にチェックを入れてください。
② ファイル形式を選択 Googleスプレッドシートにチェックを入れてください。
how_to_check_userid_Hangouts6

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

少し待つと、ダウンロード準備完了の表示がされますので、『Googleスプレッドシートで開く』をクリックします。
how_to_check_userid_Hangouts7

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Googleスプレッドシートの「Email Address」列が確認できます。
こちらの@以前の文字列がユーザー名になりますので、RECEPTIONISTのCSVにコピーしてご活用下さいませ。
how_to_check_userid_Hangouts8

( 画像をクリックすると拡大表示します )

(画像例のユーザー名: yamada/mita)
 

 

この情報を、RECEPTIONIST用CSVファイル・各社員情報の「ユーザー名」欄にてご利用下さい。

 

 

 

 まだ社員追加の作業が完了していない場合

導入マニュアルに戻る
Back… 『4.社員情報の追加登録』