Workplaceの各ID情報を確認する

RECEPTIONISTに設定するIDの確認方法をご案内します

WorkplaceユーザーIDの確認方法 (自分のユーザーID 各社員のユーザーID )
WorkplaceグループIDの確認方法
 

《 管理者向け 》
WorkplaceユーザーIDの一括確認方法
WorkplaceグループIDの一括確認方法
 

 

 

WorkplaceユーザーIDの確認方法

 

 

自分のユーザーID

 

プロフィールページURLの『id=』に続く数字部分
 

《 sample 》
『https://work-12****81.facebook.com/profile.php?id=195944440404239』の社員の場合
→ユーザーID :『 195944440404239 』

 

how_to_check_userid_workplace2ver3 ( 画像をクリックすると拡大表示します )
 

 

各社員のユーザーID

 

左上の検索枠に社員名を入力し、予測から表示される該当社員をクリックします。
Tips 該当社員の投稿や写真ページを開かないようにお気をつけくださいませ。
 

how_to_check_another_userid_workplace1
 

 
該当社員のプロフィールページが表示されます。
URLの『id=』に続く数字部分のみがユーザーIDです。
Check 数字部分の後についているアルファベットや記号を含まないようご注意下さいませ。
 

《 sample 》
『https://work-12****81.facebook.com/profile.php?id=100023446079850&fref=ts』
というプロフィールページURLの社員の場合
→ユーザーID :『 100023446079850 』

 

how_to_check_another_userid_workplace2ver2 ( 画像をクリックすると拡大表示します )
 

 

 

WorkplaceグループIDの確認方法

 

グループページを開いたら、URLの『group/』に続く数字部分がグループIDです。
 

《 sample 》
『https://work-12****81.facebook.com/groups/283389477770303/』の社員の場合
→ユーザーID :『 283389477770303 』

 

how_to_check_groupid_workplace2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

 

 

管理者の場合、CSV一括ダウンロードでの確認が便利です

 

 

ユーザーIDの一括確認方法

 

ダッシュボードから、メンバーをクリックし、開いた画面の▼からエクスポートを選択します。
check_all_userid1ver2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

確認画面が表示されますので、「OK」を押して下さい。
 
check_all_userid2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

管理者のメールアドレス宛にメールが届きます。
メールボックスを確認しましょう。
 

届いたメールの中に記載のある「ダウンロード」をクリックします。

check_all_userid3

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

WorkplaceのCSVデータを開くと、「User ID」列が確認できます。
 

こちらの数字情報をそれぞれ、RECEPTIONISTのCSVにコピーしてご活用下さいませ。

check_all_userid4ver2
 

 

CSVで一括登録する場合の注意点
RECEPTIONISTのCSVデータを保存する前には、必ずこちらもご確認下さい

 

 

 

 

グループIDの一括確認方法

 

ダッシュボードからグループをクリックし、開いた画面の「エクスポート」をクリックします。
check_all_groupid1

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

確認画面が表示されますので、「OK」を押して下さい。
 
check_all_groupid2

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

管理者のメールアドレス宛にメールが届きます。
メールボックスを確認しましょう。
 

届いたメールの中に記載のある「ダウンロード」をクリックします。

check_all_groupid3

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

WorkplaceのCSVデータを開くと、「Group ID」列が確認できます。
 

エンタープライズ版で個別通知先指定の場合に、こちらの数字をそれぞれRECEPTIONISTのCSVにコピーしてご活用下さいませ。

check_all_groupid4
 

 

CSVで一括登録する場合の注意点
RECEPTIONISTのCSVデータを保存する前には、必ずこちらもご確認下さい
 

 

 

 

CSVで一括登録する場合の注意点

 

RECEPTIONISTのCSVデータで一括登録する場合保存する前に、
各WorkplaceのIDデータが数字のみの表示になっているか
をご確認くださいませ。
 

対象となる項目
・WorkplaceユーザーID
・WorkplaceグループID

× 10002E+14
○ 209810104444376

 

Tips 数字だけの文字列(10進数)にして保存する必要があります。
 

 

数字だけの文字列に変更する方法

Tips この作業は、WorkplaceのCSVファイルで作業しないよう、ご注意下さいませ。
 

RECEPTIONISTのCSVファイルを開きます。
 

Workplaceの各IDの列を範囲指定します。
 

画面上部のメニューから、「標準」→「数値」表示に変更してください。

check_all_userid5

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Tips Excel画面に上記のようなメニューバーがない場合は、範囲指定後に『右クリック』>『セルの書式設定』>『表示形式』の項目で、「数値」を指定して、OKを押しましょう。

 

 

画像のように、数字だけの文字列になったことを確認してから、CSVファイル(.csv)で「名前を付けて保存」をしてください。
check_all_userid6

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

Check 上書き保存をしないでください。
 

元のデータがCSV形式でも、その形式のままで保存されない可能性があります。
 

[ すでに上書き保存をした場合 ]
作成したファイルを閉じていなければ、「名前を付けて保存」で対応が可能です。

ng_and_ok_of_save_way2
 

 

 まだ社員追加の作業が完了していない場合
 

導入マニュアルに戻る
Back… 『4.社員情報の追加登録』