退館時間が記録されるようになりました

入館時間だけでなく、退館時間管理もできるようになりました

RECEPTIONISTでは、これまで受付時にシステムを利用することで、入館時間を自動で取得していました。
今回はさらに、受付後の各来客に対し、退館時間も記録できるようになりました。

 

lefttime

 

自動記録される退館時間は以下のように設定されます

 

アポイントメント機能(受付コード)を利用した受付
 アポイントメント終了時間が記録されます。

 

 Tips 受付コードでは、退館機能を利用すると実際の退館時間を記録できます。
 詳しくはこちらをご覧ください。

 

上記以外の受付
 入館から1時間後が自動記録されます。

 

※来訪者記録画面から退館時間を手動で変更することも可能です。

 

 

来訪者記録のCSVデータにも記録されておりますので、ご活用くださいませ。

退館時間を記録したCSVサンプル画像

 

退館時間記録を利用するには

事前設定は不要です。
使い方については、マニュアルページをご覧ください。

『退館時間記録の使い方』へ