退館時間記録の使い方

退館時間も記録することで、より詳細な来訪者管理を実現

RECEPTIONISTでは、入館後のお客様の退館時間を記録できます。

 

 

退館時間が自動記録されます。

lefttime
 

Tips 自動記録される退館時間は以下のように設定されます。

 

アポイントメント機能(受付コード)を利用した受付
 アポイントメント終了時間が記録されます。
上記以外の受付
 入館から1時間後が自動記録されます。

 

 

来訪者記録画面から退館時間を手動で変更することも可能です。
lefttime
 

 

来訪者記録をダウンロードしたCSV内にも退館時間が含まれております。
退館時間を記録したCSVサンプル画像
▲CSV一括ダウンロードにも記録されています
 

 

操作は非常にシンプルですので、早速お試しくださいませ。
 

 

 

 

 

退館時間を確認するには

この操作はWEB管理画面から行います。
 

RECEPTIONIST管理画面を開き、左側から「来訪者記録」を選択し、中央部のバーで、「あなた宛」か「全社員」をクリックしてください。
how_to_check_lefttime2
 

 

来訪者記録の画面で、「退館時間」が確認できます。
how_to_check_lefttimever2
 

 

退館時間を変更するには

RECEPTIONIST管理画面を開き、左側から「来訪者記録」を選択し、中央部のバーで、「あなた宛」をクリックしてください。
record_to_you
 

 

該当来客情報の退館時間をクリックすると、退館時間の入力画面が表示されます。
record_to_you2
 

 

Tips 管理者は「全社員」項目から、他社員宛の来客・カスタムボタンからの来客の入力ができます。
lefttime_custombtn
 

 

 

 

手動入力する際の豆知識

 

最初に表示されている退館時間は、

 

受付コードを利用した受付時
アポイントメント作成時に指定した終了時間です。

 

上記以外の受付時
入館から1時間後です。

退館時間のデフォルトは入館から1時間後

 

 

時:分:AM/PMの各入力候補が下に表示され、こちらから選択いただくことが可能です。

 

Check 分は5分刻みの時間で選択可能です。
例えば1分刻みなど、選択項目にない数値を手入力されても反映いたしませんので、ご注意ください。

退館時間の退館時間の変更

 

 

入力後は、下の「OK」ボタンを押してください。
退館時間の退館時間の変更確定

 

CSV一括ダウンロードをした際の表示画面例

sample_csv_lefttime

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

詳しい操作方法については、以下をご覧くださいませ。
来訪者記録の利用方法・活用方法
来訪者記録の管理権限設定【作業:約3分】