『Alive Monitoring機能』と『英数字キーボード選択』をリリースいたしました

今回の新機能情報

iPadのWi-Fi接続が切れたら、すぐに通知を行う『Alive Monitoring機能』
来訪者入力用キーボード(初期表示)を英数字配列(QWERTY)に変更可能
Googleカレンダー連携時の挙動修正

 

 

iPadのWi-Fi接続が切れたら、すぐに通知を行う『Alive Monitoring機能』

RECEPTIONISTは、iPadのWi-Fi機能(インターネット接続)を利用して、すぐに各チャットツールやメールにて来客情報を通知しています。
 

そのため、受付に置かれているiPadのWi-Fi接続状況は非常に重要です。
 

そこでRECEPTIONISTでは、受付のiPadアプリのWi-Fi接続が切れてしまった場合、すぐにその状況を通知する生存監視『Alive Monitoring機能』をリリースいたしました。

alivemonitoring_overview

iPadのWi-Fi接続状況を把握するために、ぜひご活用くださいませ。
 

 

Alive Monitoring機能を利用するには

最新版のiPadアプリに更新してください。
 

更新が完了すると同時に、機能は自動的に有効になります。
その後の設定等は不要で、通常通り、受付としてご利用いただけます。
 

Tips Ver1.1.3以前のアプリをご利用の場合
上記アプリの更新後、RECEPTIONISTアプリを開き、管理者にてログインをお願いいたします。
ログイン後、機能が有効になった旨が表示されます。

 

 

チャットツールとメールへの通知開始

なお、機能を有効にすると、有効になった旨を示すメッセージがご利用のチャットツール・メールに届きますので、ご確認くださいませ。
 

▼チャットツールへの通知例)
 
AliveMonitoring機能、有効化
※有効化の場合はメンションがつきません。

▼メール通知例)
 
山田太郎さま
本社3F受付のiPadとの接続を確認しました。

Tips2017年11月8日以降にアプリをインストールされた方は、そのまま何もせずご利用可能です。
 

 

詳しい仕様・使い方についてはこちら

Alive Monitoring機能の詳細ページへ

 

 

来訪者入力用キーボード(初期表示)を英数字配列(QWERTY)に変更可能

RECEPTIONISTでは、どんな年齢のお客様が来られても受付ができるよう、あいうえお順のひらがなキーボードを初期表示にしております。
 

しかし、企業様によっては英数字(QWERTY)キーボードの方が都合が良い場合もありますので、選択できるように致しました。
英数字キーボードの場合、担当者検索はローマ字検索になりますので、社員登録の際、氏名のアルファベット登録が必須となります。)
▼QWERTYキーボード(初期表示)へ変更可能に
qwerty_keyboard

お客様の状況に合わせて、ご活用くださいませ。

キーボードの変更方法ページへ

 

 

Googleカレンダー連携時の挙動修正

Googleカレンダー連携をしてRECEPTIONISTでアポイントメントを作成する際、社内共有を「非表示」にするとGoogleカレンダー上でも「限定公開」となるように修正いたしました。
 

また、Googleカレンダー上の会議室(リソース)において、限られた人のみが利用できる制限リソースに対しても、Google上の設定に合わせて正しく選択できるようになりました。