Googleカレンダー連携:会議室を取得できない、会議室が表示されない

Googleカレンダー連携を行った後、通常アポ・調整アポの作成時や会議室管理機能の利用時に、「会議室を取得できませんでした リソース情報の取得に失敗しました。もう一度Google認証からお試しください」というエラーが出たり、会議室が表示されない場合は、以下をご確認ください。

 
building_id_error2

 
 
【1】Googleカレンダーと再連携してください
【2】リソース情報に会議室が登録されているかご確認ください
【3】ビルディングIDをご確認ください
【4】Googleカレンダーのリソース情報のアクセス権限をご確認ください
【5】API権限の確認とRECEPTIONISTのホワイトリスト登録をお試しください
【6】該当時間帯の会議室が全てが予約済み ※アポイントメントの場合
 

 

 

【1】Googleカレンダーと再連携してください

・アポイントメントのGoogleカレンダー連携方法はこちら
・会議室管理のGoogleカレンダー連携方法はこちら
Check会議室管理の場合は、Google特権管理者で連携しているかご確認ください。

 
 

【2】リソース情報に会議室が登録されているかご確認ください

Googleカレンダーと連携することで、Google Workspace(G Suite)上のリソース情報(会議室情報)を取得する仕組みになります。そのため、Google Workspace(G Suite)のリソース情報に会議室をご登録いただいており、連携を行ったGoogleアカウントも同じGoogle Workspace(G Suite)テナントに所属している必要があります。
Check無料のGoogleアカウントでは会議室情報を取得できません。
 
1.Googleの特権管理者でGoogle adminにログイン
CheckGoogle adminを開くと「ダッシュボード」が表示される場合は、管理者権限をお持ちではありません。
2.「ビルディングとリソース内」>リソース管理「開く」>リソースとして会議室が登録されているかご確認ください。
3.「ホーム」に戻る>「ユーザー」>Googleカレンダー連携を行ったGoogleアカウントが登録されているかご確認ください。

 
 

【3】ビルディングIDをご確認ください

1.Googleの特権管理者でGoogle adminにログイン
CheckGoogle adminを開くと「ダッシュボード」が表示される場合は、管理者権限をお持ちではありません。
2.「ビルディングとリソース内」>リソース管理「開く」>左下「ビルディングを管理」
3.ビルディング情報内、一番左列「ID」に「空白」もしくは「半角かっこ()←こちらです」以下が入っていないかご確認ください。
 
※ID情報に「空白」もしくは「半角かっこ()←こちらです」があると、Google APIの仕様上エラーが発生します。
 

▼ビルディング情報

( 画像をクリックすると拡大表示します )

ビルディングIDに「空白」もしくは「半角かっこ」は入っている場合

ビルディングIDは編集が行えないため、ビルディング情報の新規作成と、会議室情報(リソース情報)の紐付けしなおしが必要です。ビルディング情報の新規作成が難しい場合は、ビルディングを選択せずにご利用ください。
※ビルディングIDは後から変更可能なビルディング名とは異なります。
 

ビルディングの新規作成方法、会議室情報(リソース情報)の紐付けしなおし方法を以下にご案内いたします。

 

1.ビルディングIDに空白や半角かっこの入っていないビルディングの新規作成をお願いいたします。

 

▼ビルディング情報例1

 

▼ビルディング情報例2

 

 

2.各リソース情報(会議室情報)を、1.で作成したビルディングに紐付けしなおしをお願いいたします。

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 
 

【4】Googleカレンダーのリソース情報のアクセス権限をご確認ください

Googleカレンダーの会議室情報(リソース情報)のアクセス権限で、企業内での利用がOFFになっている場合、アクセス権限によって会議室情報(リソース情報)を取得することができません。
そのため、Google Workspace(G Suite)の管理者にて、企業内での利用をONにしていただくか、個別にアクセス権限を許可する必要があります。

 

▼Googleカレンダーはこちらから確認いただけます
https://calendar.google.com/calendar/
Check こちらの操作は、Google Workspace(G Suite)の管理者にて操作してください。
Tips 設定を変更した場合は、念の為ブラウザのキャッシュクリアをお願いいたします。
(キャッシュクリア方法 Windows:Shift+F5 / Mac:Shif+Cmd+R)

 

 

Googleカレンダー上部にある歯車マーク(設定メニュー)から、『設定』を選択します。
google-resource_03

 

 

左側の「他のカレンダーの設定」から、該当のリソースを開き「アクセス権限」の項目を表示します。
こちらにチェックが入っていない場合、企業内での利用がOFFになっています。そのため、企業内での利用をONにしていただくか、個別にアクセス権限を許可する必要があります。
google-resource_04

 

 

企業内での利用をONにする場合

該当のリソースを、企業内での利用をONにできる場合、『アクセス権限』にチェックを付けてください。

 

google-resource_05

 

 

個別にアクセス権限を許可する場合

該当のリソースを、企業内での利用をONにできない場合(一般社員は使えないけれど役員だけが予約できる応接室 等)、そのリソースを利用できるアカウントにのみ個別に「アクセス権限」を許可してください。

 

「アクセス権限」項目の下にある、「特定のユーザーとの共有」の項目を表示します。
『+ ユーザーを追加』をクリックし、「アクセス権限」を許可したいユーザーと権限を選択後、『送信』を押下します。

 

Item Name Detail
特定のユーザー 個別にアクセス権限を許可するユーザーを選択します。
権限 閲覧権限(すべての予定の詳細) を選択します。

 

google-resource_06

 

対象のユーザー宛に、「カレンダーを共有しました」というメールが届きますので、これで個別に「アクセス権限」が許可されました。

 
 

【5】API権限の確認とRECEPTIONISTのホワイトリスト登録をお試しください

API権限の確認とRECEPTIONISTのホワイトリスト登録についてはこちらの【1】【2】をご確認ください。

 
 

【6】該当時間帯の会議室が全てが予約済み ※アポイントメントの場合

アポイントメント作成時にGoogleカレンダーの会議室情報(リソース情報)を表示できるのは、該当時間帯に空きのあるリソース情報のみとなります。該当時間帯に会議室が全て予約済みではないでしょうか。リソース情報が空いている時間帯にて、取得できるかご確認くださいませ。