Microsoft365(Outlookカレンダー等)の連携で必要な権限やアクセス許可

RECEPTIONISTが、Microsoft365と連携する際に必要な権限や対応についてご案内します。

 

チャット設定:来客通知(Microsoft Teamsの連携)
アポイントメント機能(Outlookカレンダーの連携)
Outlookアドイン(管理者が一括でアドインを登録する場合)
会議室管理機能(Outlookカレンダーの連携)
AzureADとの同期(AzureADの連携)

 

 

チャット設定:来客通知(Microsoft Teamsの連携)

1.Microsoft365に「アプリケーション管理者権限のアカウント」の作成が必要です
設定詳細はこちら:来客通知用アカウントの作成
参考:来客通知用アカウントに管理者権限の付与ができない場合

 
 
2.作成した「アプリケーション管理者権限のアカウント」でRECEPTIONISTアプリがMicrosft365にアクセスする許可が必要です
設定詳細はこちら:Microsoft Teamsとの連携設定

 

Microsoft Teams連携時に右のようなアクセス許可の確認画面が表示されます。
 
▼RECEPTIONISTアプリに許可する権限
・Maintain access to data you have given it access to
・Sign in and read user profile
・Read all users’ basic profiles
・Read all users’ full profiles
・Read and write all groups

 

Tips各権限の詳細は以下手順で確認できます。
Azureポータル>エンタープライズ アプリケーション>receptionist-production>アクセス許可>各権限をクリックした詳細画面の「アクセス許可の説明」


 

 

 

アポイントメント機能(Outlookカレンダーの連携)

1.RECEPTIONISTアプリがMicrosft365にアクセスする許可が必要です(各社員で許可が必要です)

 

各社員がOutlookカレンダー連携時に右のようなアクセス許可の確認画面が表示されます。
 
▼RECEPTIONISTアプリに許可する権限
・Read calendares you can access
・Sign you in and read your profile
・Read all users’ full profiles
・Read your calendars
・Have full access to you calendars
・Access your data anytime
 

Tips各権限の詳細は以下手順で確認できます。
Azureポータル>エンタープライズ アプリケーション>receptionist-production>アクセス許可>各権限をクリックした詳細画面の「アクセス許可の説明」

appointment3-Outlook

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

 

 

Outlookアドイン(管理者が一括でアドインを登録する場合)

1.Microsoft365管理センターからOutlookアドインを一括登録するために「Microsft365の全体管理者のアカウント」が必要です。
設定詳細はこちら:Microsoft365管理センターから一括でアドインを登録する場合
 
※各社員がOutlookからOutlookアドインを登録する場合は、権限は不要です。

 

 

 

会議室管理(Outlookカレンダーの連携)

1.Microsoft365に「グローバル管理者権限のアカウント」の作成が必要です
設定詳細はこちら:会議室管理連携用アカウントの準備
 
 

2.作成した「グローバル管理者権限のアカウント」でRECEPTIONISTアプリがMicrosft365にアクセスする許可が必要です

設定詳細はこちら:Outlook(M365)カレンダー連携方法

 

Outlookカレンダー連携時に右のようなアクセス許可の確認画面が表示されます。

 
▼RECEPTIONISTアプリに許可する権限
・Read calendares you can access
・Sign you in and read your profile
・Read all users’ full profiles
・Read your calendars
・Have full access to you calendars
・Access your data anytime
 

Tips各権限の詳細は以下手順で確認できます。
Azureポータル>エンタープライズ アプリケーション>receptionist-production>アクセス許可>各権限をクリックした詳細画面の「アクセス許可の説明」

appointment3-Outlook

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 
 

3.連携する全会議室に、Microsoft365の管理センターや、Exchange Online PowerShellを利用した事前設定が必要です
設定詳細はこちら:会議室管理:Outlookカレンダー連携時の対応事項

 

 

 

AzureADとの同期(AzureADの連携)

1.「グローバル管理者またはアプリケーション管理者権限のアカウント」でRECEPTIONISTアプリがMicrosft365にアクセスする許可が必要です
設定詳細はこちら:AzureADとの同期
 

AzureAD連携時に右のようなアクセス許可の確認画面が表示されます。

 
▼RECEPTIONISTアプリに許可する権限
・Maintain access to data you have given it access to
・Sign in and read user profile
・Read all users’ basic profiles
・Read all groups
・Read and write directory date
・Access the directory as you
 

Tips各権限の詳細は以下手順で確認できます。
Azureポータル>エンタープライズ アプリケーション>receptionist-production>アクセス許可>各権限をクリックした詳細画面の「アクセス許可の説明」

( 画像をクリックすると拡大表示します )