FaceTime(ビデオ通話)を利用して受付する

RECEPTIONISTのiPadアプリ v1.6.9 以上が必要です。

 

カスタムボタン・サブカスタムボタンで、FaceTimeの来客対応ができます

事前のアポイントメント登録で発行される受付コードでの来客や、担当者が分かっている訪問においては、来訪者と顔見知りの場合がほとんどかと思います。
それに比べてカスタムボタンからの来客においては、事前のアポイントメントが無い飛び込み営業や、荷物の集荷・配達など常に顔見知りの訪問者とは限りません。

 

FaceTimeを利用した来客対応では、受付アプリ(iPad)から、カスタムボタン・サブカスタムボタンに設定している電話番号またはApple IDの端末へFaceTimeで呼び出しがかかり、来訪者とビデオ通話をすることができます。

来訪者と対面する前にビデオ会議で確認ができますので、個別の来客対応はもちろんのこと、不審者への対応など防犯対策としてもご利用いただけます。

 

 

FaceTimeの設定・操作方法

FaceTime受付の流れ
前提条件
FaceTime受付の設定方法
FaceTimeで通話ができないとき

 

FaceTimeを使った受付の流れ

カスタムボタン、サブカスタムボタンで設定できる内容と合わせて、FaceTimeを利用した受付操作が可能です。

 

1.来訪者がカスタムボタンをタップ


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

2.「社名」「名前」「来訪人数」を入力(※)

 

 

3.受付確認画面の表示


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

4.入館規約同意の表示(※)

 

 

5.FaceTimeが起動する旨のポップアップ表示

FaceTimeが起動する旨のポップアップ表示

( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

6.FaceTimeでの呼び出し
(設定している電話番号/AppleIDが表示されます)


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

7.呼び出し先iOSデバイスで応答


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

8.来訪者と担当者でFaceTimeによるビデオ通話


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

9.通話終了後に受付完了


( 画像をクリックすると拡大表示します )

 

10.入館証の印刷(※)

 
 

※ボタンの設定により表示されない場合があります

 

参考:
RECEPTIONISTを使って、お客様が受付をする流れ
入館規約を受付フローに追加する方法

 
 

前提条件

FaceTime受付をご利用いただくにあたって、以下の確認事項がございます。

 

FaceTime受付を有効にするには

弊社にて、事前に設定が必要となります。
FaceTime受付をご希望の場合には、以下フォームご記入の上、お問い合わせからお送りください。
Checkシステム対応を行うため、2営業日程度お時間をいただきます。予めご了承ください。
 

【FaceTime依頼フォーマット】
・管理者メールアドレス or iPadの端末ID:

 
※iPadの端末IDの確認方法(以下2つの方法がございます)
・RECEPTIONIST管理画面>「受付アプリ設定」>「デバイス情報」の「端末ID」
・iPadの「設定」アプリ>「RECEPTIONIST」>「RECEPTIONIST IDENTIFIER」

 
Check今後iPad追加された際は、追加した受付アプリ設定のFacetimeの有効化をご依頼ください。

 

カスタムボタンのみでFaceTime受付が可能です

カスタムボタン、サブカスタムボタンからの受付のみでご利用できます。
担当者検索、受付コードでの受付では、FaceTime受付はご利用できません。

 

iOS間でのみFaceTime受付が可能です

受付システム(iPad)からFaceTimeで通話できる先は、iOS、iPadOS、macOSのiOSデバイスになります。
Check Windows、ChromeOS、Androidへのデバイス宛てには呼び出しはできません。

 

iOSデバイスの設定

FaceTimeを利用できる状態にする

iOSの機能であるFaceTimeを用いてビデオ通話を行いますので、受付アプリを動作させているiPadと、呼び出し先のiOSデバイスでは、FaceTimeが利用できる環境になっている必要があります。
参考:iPadでFaceTime通話をかける/受ける(外部サイト)

 

受付用iPadではアクセスガイドをOFFに設定する

iPad上で、FaceTimeでの呼び出し・通話中の操作・終話の操作を行います。
そのため、アクセスガイドをONで設定している場合はFaceTime受付が利用できませんので、アクセスガイドを解除する必要があります。

 

呼び出し先のAppleIDを、複数のiOSデバイスで設定している場合

呼び出し先のAppleIDを複数のiOSデバイスに設定している場合、設定されているiOSデバイス全てにFaceTimeの呼び出しがかかります。そのため、呼び出し先のAppleIDは、受付応答するiOSデバイスにのみ設定してください。

 
 

受付操作

通話中は、来訪者が受付用iPadでFaceTimeを操作します

FaceTimeの仕様上、来訪者がiPad側でFaceTimeの呼び出し、通話終了を操作するようになりますので、受付用iPadの操作を制限することができません。

 

来訪者記録への追加

FaceTime受付の流れ「3.受付の確認画面」のOKをクリックしたタイミングで、来客があったと判断され、来訪者記録に登録されます。
Check 「5.FaceTimeが起動する旨のポップアップ表示」や、「6.FaceTimeでの呼び出し」で来訪者がキャンセルを選択しても、来訪者記録には追加されます。

 

入館拒否について

FaceTimeのビデオ通話により入館拒否となっても、システムとしては結果を判断できません。そのため、iPad上では常に受付完了と表示されます。
(入館証の運用をされている場合には、入館証も常に印刷されます)

 
 

FaceTimeの設定方法

1.WEB管理画面に管理者アカウントでログインし、メニュー「受付アプリ設定」を開きます。
 
2.各種ボタン設定>カスタムボタン1〜4で、FaceTimeを設定したいカスタムボタンの右側にある「・・・」をクリックします。
参考:カスタムボタンの設定方法
 
3.ボタンタイプで「FaceTime」を選択します。
FaceTime用の設定項目が表示されますので、必要事項を更新し、最後に「変更を保存」ボタンを押します。

 

 

Item Name Detail
① ボタンタイプの設定 「FaceTime」を選択します。
② 電話番号またはAppleID 受付のiPadから呼び出すiOSデバイスの電話番号またはApple IDを半角で設定します。
電話番号は「-」ハイフンなしで入力します。

 

 

4.iPadに変更を反映させるため、iPadアプリの更新ボタンを押します。

 
 

以上で設定は完了です。

 

 

FaceTimeで通話ができないとき

受付用iPadで、FaceTime起動後に「FaceTimeを終了しました」と表示される

以下の設定をご確認ください。

 
 

・呼び出し先のiOSデバイスで、FaceTimeが利用できる状態になっているか確認してください。
iPadでFaceTime通話をかける/受ける(外部サイト)

 
・Web管理画面>カスタムボタン>「電話番号またはAppleID」の項目に、利用できる電話番号、AppleIDが設定されているか確認してくださ。
FaceTimeの設定方法

 
 

受付用iPadでは受付完了と表示されるのに、FaceTimeで呼び出しされない

以下のいずれかに該当していないかご確認ください。

 

 
・カスタムボタン>「電話番号またはAppleID」の情報が空欄で設定、または全角文字が含まれていないか。
参考:FaceTimeの設定方法

 
・受付用iPadで、FaceTimeが利用できる状態になっているか確認してください。
参考:iPadでFaceTime通話をかける/受ける(外部サイト)

 
・来訪者が受付用iPadで、FaceTimeをキャンセルしている。
FaceTime受付の流れ
「5.FaceTimeが起動する旨のポップアップ表示」
「6.FaceTimeでの呼び出し」
の画面で操作をキャンセルすると、FaceTimeで呼び出しはされませんが、iPadの画面上では受付完了と表示され、来訪者記録に追加されます。