2-1. チャット設定【Slack】

 

Public channel(受付通知用チャンネル)の作成

 
まず、RECEPTIONISTからの通知を受け取るため、受付通知用のchannelを作成します。
(すでに受付の連絡をするためのPublic channelが存在する場合は、2-1(4)からご覧ください。)
 
 
2-1(1). slack画面の左側メニューの「CHANNELS」の右側にある(+)ボタンを

クリックしてください。
 
2-2-1
 
 
 
2-1(2). 「Create a channel」の画面にて「Public」を選択し各項目を入力します。


・【NAME】:channel名を入力します。(例:#reception)※半角英数字で作成してください。
・【Purpose】:空欄で大丈夫です。
・【Send Invites to】:後ほど設定しますので、空欄で大丈夫です。

 
2-1(3). 最後に右下の「Create Channel」を押しましょう。
 
2-2-2
 
 
 

slackとの連携設定

 
通知専用のチャンネルができたら、続いてslackとの連携設定をしましょう。

slackの「Apps&integrations」という機能を使います。

2-1(4). まずslackの左上のチーム名(社名)をクリックし、 表示されるメニューの「Apps&integrations」をクリックします。

(slackのアプリ管理ページが開かれます。)
 
2-2-3
 
 
 
2-1(5). 画面中央に表示された検索窓にIncoming」と入力して検索をします。

検索結果に出てきた「Incoming WebHooks」というslack連携用アプリをクリックします。
 
2-2-4
 
 
 
2-1(6). 左側の「AddConfiguration」のボタンをクリックします。
※slackにサインインしていない場合は、「 Sign in to install 」をクリックし、

チーム名・メールアドレス・パスワードを入力してサインインを行ってください。
 
2-2-5
 
 
 
2-1(7). slackの連携設定画面が開きます。
「Post to Channel」の枠内にある「Choose a channel」より、

受付からの通知をするchannel(2-2で作成したchannel)を選びます。

channelの選択が終わったら「Add Incoming WebHooks Integration」ボタンを

クリックします。
 
2-2-6
 
 
 
2-1(8). 詳細な設定画面が開きます。


まず画面の一番上にある「Webhook URL」というURLをコピーし、

メモ帳などにペーストして保存しておきましょう。


(後ほど、RECEPTIONISTにこちらのURLを登録する必要があります。)

 
2-2-7
 
 
 
2-1(9). 次に、slackから通知されるアカウントの名称とアイコン画像を設定

しましょう。


設定画面の一番下にある「Cusutomize Name」で名前を、

Cusutomize Iconでアイコン画像を設定できます。


とくにこだわりがなければ、名前を「RECEPTIONIST」とし、

アイコン画像はこちら↓をご利用ください。
Icon-76@2x
 
2-2-8
 
 
 
2-1(10). 最後に、画面一番下にある「Save Settings」をクリックしてください。

 

これでSlack側の設定は終了です。
 
2-2-9
 
 
 

RECEPTIONIST管理画面の設定

 
2-1(11). 次にRECEPTIONISTの管理画面に戻り、左メニューから「チャット設定」をクリックします。

RECEPTIONISTチャット設定
 
 
 
 
2-1(12). Slackの行の一番右端にあるエンピツアイコンをクリックします。
 

 RECEPTIONISTチャット設定
 
2-1(13). 使用有無にチェックを入れ、その下の「WebHook URL」の項目に、 2-1(8) で 取得したURLを入力します。
channel名の項目には2-2で作成したchannel名を入力し、「保存」をクリックします。

 
2-1-13new
 
一旦これで【slack】チャットツール連携設定は完了です。
2-1(14). 連携設定がうまくいっているか、通知テストをしてみましょう。「チャット設定」画面のテスト通知を押すと、テストメッセージが通知されるはずです。

RECEPTIONISTチャット設定通知テスト

 

Slackの指定したchannelに、こんな通知が届けばOKです。

スクリーンショット 2016-11-18 18.47.12

 

2-1(15). Slackの有料会員になると利用できる「UserGroup」機能を使って通知を行いたい場合は、Slackのadmin権限のある方に以下のURLにアクセスしてもらい、所属するTeamのTokenを発行してもらいましょう。

(UserGroup機能を利用しない場合は飛ばしてください)

 

Slack通知でUserGroupを利用するためのToken発行ページ

下記の画面が開きますので、「Generate Test Token」ボタンをクリックしてTokenを発行してください。

SlackToken

 

発行すると下記の赤枠無いの場所にトークンが表示されますので、これをコピーします。

SlackTestTokenGenerate

 

 

取得したtokenを以下の場所に入力して保存してください。

2-1-15new

 

 

続いて、受付画面の設定を行いましょう。

Tags: , , , , ,
  • ヘルプセンタートップ