各ビジネスチャットのID確認方法・メンション通知

各ビジネスチャットごとにIDの確認方法は変わります。
自身のIDの確認方法、管理者が一括で確認する方法をそれぞれ以下にご案内いたします。

 

ご自身のビジネスチャットIDの確認方法
全社員のビジネスチャットIDの把握方法【管理者向け】
メンション通知とビジネスチャットIDの設定

 

ご自身のビジネスチャットIDの確認方法

 

『Slack IDとは何ですか?』

 

『チャットワークのアカウントIDとは何ですか?』
   『チャットワークIDとは何ですか?』

 

『Workplaceの各ID情報を確認する』

 

『LINE WORKSの各ID情報を確認する』

 

『Microsoft Teamsの各ID情報を確認する』

 

『Google Chat(Hangouts chat)の各ID情報を確認する』

 

『InCircleの各ID情報を確認する』

 

『DingTalkの各ID情報を確認する』

 

 

全社員のビジネスチャットIDの把握方法【管理者向け】

各ビジネスチャットごとに確認方法が変わります。

 

 

『管理者が全員分のSlackIDを把握するには』

 

『チャットワークのアカウントIDの取得方法』
   ※チャットワークID:一括での把握方法がございません。
    詳しくは、こちらをご覧くださいませ。

 

『WorkplaceのユーザーIDの一括確認方法』

 

『LINE WORKSのユーザーIDの一括確認方法』

 

『Microsoft Teams(Webhook)のユーザー名の一括確認方法』
   ※ユーザー名の登録はMicrosoft Teams(Webhook)でのみ必要です。
    Microsoft Teamsをご利用の場合は不要です。

 

『Google Chat(Hangouts chat)のユーザー名の一括確認方法』

 

『InCircleのユーザー名の一括確認方法』

 

『DingTalkのユーザー名の一括確認方法』

 

 

メンション通知とビジネスチャットIDの設定

RECEPTIONISTでは、各ビジネスチャットにメンション通知を送ることで、来客を担当者に直接通知します。
このメンション通知を実現するために、各社員のビジネスチャットID情報をRECEPTIONISTに登録する必要があります。

 

■メンションとは
自分の書いたメッセージを、相手にプッシュ通知(PCの場合、ポップアップ通知やバナー通知とも呼ばれます)付で送ることです。
この機能を用いると、相手により早く、送ったメッセージに気づいてもらいやすくなります。

 

各ビジネスチャットによって表現は異なりますが、どのビジネスチャットでも上記機能をご利用いただけます。
Slack : メンション
Chatwork : Toメッセージ
Workplace : 言及、タグ付け投稿 ※RECEPTIONISTではグループチャット宛の通知と入力したユーザID宛のDM通知でのお知らせとなります。
LINE WORKS : メンション ※RECEPTIONISTではトークグループ宛の通知と入力したユーザーID宛のDM通知でのお知らせとなります。
Microsoft Teams : メンション ※Microsoft Teams(Webhook)連携(2020/07/21以前の連携方法)ではメンションは行われません。
Google Chat(Hangouts chat): 名前リンク
InCircle : 現状メンション機能はありません。
DingTalk : 確認中